« 2016年6月 | トップページ | 2017年2月 »

成立しました!棚むす田植え歌クラウドファンディング

締め切りまであと数日、どうなるんやろか。
どきどきしつつ、外仕事続いてやっとのぞいたら。

100%超え!ひゃー

なんてありがたいんやろう。。。

超えたなら、追加目標が設定されるらしく、プラス15万。
会長が身銭を切って少しずつ揃えた早乙女装束。
私も長年遠慮なし使いまくって痛んだそれらの補充、補修にあてるそう。


いやー流石にそこまでは無理じゃない?
超えた時点で、じゃあいっかーって思っちゃわない?
いや、私は、そう思うw
正味3日もないんやで?
これは神頼み、毎日せねばならんかな。それか裁縫技術を磨いとくか。

でも勢いは止まらず、少しずつ金額が増え始め。
先ほど確認したら、達成してました(@_@;)

みんなすごいな。。。ほんまありがたいことやわ。。。
なんかご支援いただく、気持ちを寄せて貰うってすごくええねえ。

関心や気持ちを寄せてくださったかた、ご支援いただいたかた、
年季の入った早乙女さんのひとりとしてお礼申し上げます。

ありがとうございます。

うっわー!ご支援91%!棚むす田植え歌クラウドファンディング

今日は1日外仕事でへとへと。
チベット体操で体幹できたおかげか、以前より疲れにくくなった。
でもさすがに6時間近く休憩なし、立ちっぱなしで力仕事したら堪える。

もっと堪えるのは。
こんなに頑張っても評価されないのは、事例から言って重々承知やし。
所詮私の自己満足に過ぎず、成果も流されて終わってしまうのかなあ。
そう思うこと。


だからと言って手を抜くと自分が気持ち悪い。
しょうがないなあ。それが今の私なんやもの。
綺麗になった場所や、樹木。あちこち小綺麗こざっぱり。お店ならこうでなくちゃ。
時々降る雨に焦りつつ、作業を終えて。
自分で決めた分、やろうと思った分だけはきっちりやった。

enough.enough,now.

LoveActuallyの一番好きかもしれないセリフを呟きつつ。
ぐったり疲れて帰宅、やっとのことで重だるい腰を下ろし。
1日メールも何も見てないしな。
大事な商売物なのになんだかずきずきする手首。
重ーい腕をキーボードに伸ばし、サイトチェックしたら。


w(@。@)w


ご支援が91%になってる!!
朝見てから12時間しか経ってないのに!!びっくり!!


すっかり体が軽くなったとは言えないけど、
あんまり嬉しくて、疲れすぎて悲しなった気持ちがすっかり明るくなった。
ひゃっほーーーて感じ!

あと15人、何かの為の大事な3000円。
ほんの少し先の、叶うかどうかもわからない何かに賭けてくれたら。

もちろん46000円、ぽんと支援いただけるに越したことはない。
降る袖すら無くなった今の私には、到底賄えない大金やけど、
それができるひともインターネットのどこかにいるのかもしれへん。
でもなあ。
たくさんのひとに支援して貰うほうがより良い気もするし。
今朝から考えたらずいぶん贅沢な悩みやわ。

まあ、ひとの懐をあてにする段階でだめだめやねんけどね。。。
よし、10万引き寄せるぞ!
2日連続で残り福に賭けたちびまる子ちゃんスクラッチあかんかったし。
だめだめやん(笑)

早乙女田植えを次世代に伝えるため、オリジナルの田植え歌を作る>
※クレジットカードまたは銀行振込。3,000円〜。

ご支援81%超え!棚むす田植え歌クラウドファンディング

10日を切って50%だったのが、ここ数日でなんと81%に。
みなさん応援してくださってるんやわ〜。我が事のように嬉しいです。
あと少し。

ご支援ください。

早乙女田植えを次世代に伝えるため、オリジナルの田植え歌を作る>
※クレジットカードまたは銀行振込。3,000円〜。

めまぐるしく生まれては消えてゆくたくさんの歌。
棚田の前に立ったとき、ふと歌いたくなるときがあります。
そしてそれはそのとき好きな流行り歌でなく、誰もが知っている童謡。
棚田には、いろいろなひとが心に置いて大事に育ててきた歌がよく似合います。
そしてそんな歌で気持ちを合わせながら、
豊穣を祈りながら、田植えができたら素敵です。
歌が出来、少しずつ広がり、誰もがふと口ずさみ、
いつしか海外の棚田でも歌われますように。

Ree 棚田むすびの会

棚田むすびの会田植え歌クラウドファンディング

きまぐれメンバやけど、いつもあまり役に立ってへんけど。
何か、ほんの少しだけでも、無精者で不義理な私でも。
いまできることをしてみよう。柄でもないなあと思いつつ。

ご支援ください。

早乙女田植えを次世代に伝えるため、オリジナルの田植え歌を作る>
※クレジットカードまたは銀行振込。3,000円〜。

めまぐるしく生まれては消えてゆくたくさんの歌。
棚田の前に立ったとき、ふと歌いたくなるときがあります。
そしてそれはそのとき好きな流行り歌でなく、誰もが知っている童謡。
棚田には、いろいろなひとが心に置いて大事に育ててきた歌がよく似合います。
そしてそんな歌で気持ちを合わせながら、
豊穣を祈りながら、田植えができたら素敵です。
歌が出来、少しずつ広がり、誰もがふと口ずさみ、
いつしか海外の棚田でも歌われますように。

Ree 棚田むすびの会

« 2016年6月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ