« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »

ゲリラ花壇_160612/リナリア襲わるる

暑くなる前にペチュニア調整。
育ちまくったところを適当に間引いて、小さいのと入れ替えたりなんだり。

プランタの間引いた大株をメインエリアへ。
小さいのも手入れして、昼前に無事予定作業終える。
プランタもメインエリアもバランスよく整った。
やれやれ、これでしばらくミニメンテで済むかな〜。

ところが。
今朝手伝い前に通りかかってびっくり。
一番大株は踏んづけて折られ、土がえぐれてる。
一輪咲いてたゼラニウムは根元からぽっきり。
時間が無く、ゼラニウムは挿し直し、ペチュニアは土かぶせて水補給だけする。
せっかく整えたメインエリアが。。。

手伝い終わって様子を見に行ったら、
気づかなかったとこがあった。

リナリア!
株の半分ほど千切られて、あちこち折られてた。
リナリアは花に注意して、花壇にあがらないと届かない位置。
だからか、足跡がメインエリアにあったの!はー、納得。
葉牡丹もいくつか踏み潰されてた。

枝はばらばら落ちたままやったから、花泥棒ではなかろう。
酔っ払いか。。。でもなんでわざわざリナリア?
咲き終わって2回目の蕾が色つきかけたことで魅力的というほどでもなし。
単に面白半分かな。


枝を集めて花瓶に活ける。
酔っ払い男性なら、大事なとこの先からばい菌が入って腐って落ちてしまうがいい。
最近あまり盗まれたり、荒らされたりしなくなったのになー。ちょっとがっくり。

0525_やぶがらしくるくる巻き

やぶがらしを駆除するのは難しいらしい。
根茎植物で地下でどんどん増えて、
表面上を駆除剤で枯らしてもいたちごっこ。

みっこさんが以前書かれてて知った。(最近の関連記事はこちら自給農法の実践会に参加♪
「やぶがらしは、絡みついたつるを外し、くるくる巻いて根元にそっと置く」
これだけで枯れてしまうのだそう。

早速職場近くの放置され荒れ果てた通りの植え込み。
伸びまくったり、枯れたりの可哀想な車輪梅。
落ち葉、雑草、ごみ、不法廃棄ごみ。裏通りやからか、ほぼ掃除されず。
飲み屋街近いからか排泄物臭もすることがある。
加えてフェンスにはやぶがらし。
通りにある小さな公園にはお住まいの方もいらして、ダンボールがいっぱいあったり。


全体的にこの通りは広いのに、昼でもうす暗く、何だか臭い、通りたくない。
明らかに市の管轄らしき感じの場所やけど、
恐らく町内会的な掃除があっても手が回らんのやろうなあ。


とまれ絡みまくったつるは確かにやぶがらし。
ここなら怒られることもないでしょう、早速外してくるくる巻いた。
複雑に絡んでるようでも、そっとひっぱると、案外あっさり外れる。
くるくるまとめて、次通りかかるまで放置。
1週間だか2週間後に通ったときには、綺麗に枯れてた!
面白い。

また少し外し、少し外しを何回か繰り返して今年。
その植え込みだけ、明らかにやぶがらし発生率が低い。
きっちり全部外した訳でもなかったので納得。
車輪梅の緑も濃く、他に比べ元気な感じやし。
通る人に不審げに見つめられても試した甲斐あったなあ。


ちょっと伸びてきたところで、またくるくる巻いておいた。
範囲を広げてあちこち巻きまくりたいが、
いかんせん昼休み通りがけでは時間が足りない。
落ち葉掃いたりごみ拾ったりもしたいねんけどなあ〜。
やりがいありまくりやし、やったら清々するでな。
もっと気持ちの良い裏通りにしてみたいなあ。面白そう。

毎日続けていること(チベット体操そのに)

くるくると回り続けること数日。
最初は回るのもよたよた、がなんとなく回ってます風になり。
吐きながら足を下げるのも一苦労、がなんとかできるかもになり。
これなら続けられるかなと思ったが。

第4の儀式。テーブルの形になるのがどうにも苦しい。
息を吐いてあごをつけ、吸いながらおもむろにテーブルになる。
これがくらくらする。もちろん体を持ち上げるのにも一苦労。
the運動不足。
そのあとのそっくり返るのも難物やけど、このポーズをするのがどうにも苦手。
これをすると考えるだけで続けるのがいやになりそう。

手本を読んでもよくわからないし、再度ネットで情報を探してみた。
講師のブログが見つかり、よく読むと、ああそんなことか!
あごを下げて吐き切ったら、先に頭をあげるんやった。
確かにそうするとくらくらしない。

ひとつ解決したので、ちょっと楽しくなった。あとは実践するのみ!

毎日続けていること(チベット体操そのいち)

おお、「あんちえいじんぐ効果あり」か。ちょっとやってみようかな。。。
気が向いて始めて何ヶ月経ったか。

ジブン手帳年予定ページでは、2015年9月中旬からスタートしてた。
回数を数えるものは苦手、どんだけシンプルなストレッチでもイマイチ続けない。
最初にみた情報では、週を数えるごとに増やしていくとあった。
だからスタート日をきちんと書いておいたんやった。

増やすのか、ええー(面倒)、数えられへんし。なんとかならんもんか。
そこで原典の書籍を図書館で借りた。読んだらめっちゃおもろい。冒険小説風。
いや、こんなにおもろいんやったらやってみよう!

そもそも体操でなく、「儀式」「チャクラ云々」やけど、そのへんはさらーと流す。
最も重要な若返り部分は、最高回数到達したうえでの儀式が必要らしい。
ここで再び、ええー(がっくり)。ぴちぴちぎゃるになるには厳しそうじゃな。。。

とまれわかりやすい最近の書籍もあったので、それを参考にする。
最初は1動作毎に3回。全然できず。ほんまにできず。
ますますぴちぴちから遠ざかる気もしたが、なんか楽しい。
というか、くるくる回って回数を数えてる自分がおかしくて笑える。
これはいいかもしれん。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ