« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

ゲリラ花壇_160420/ベニバナトキワマンサク

毎朝寄って、昨日より咲いた、あそこも咲いてる!
じっと見つめてもちょこちょこ程度の開き具合やけど、
遠目にもピンクが増えつつある。嬉しい〜。

PHSの小さいカメラでは限界あるけども、カメラ持ち出す程でもなく。
そうだ今日は横に撮ってみよ、とチャレンジ。
うまく入らないなーと少しばかりうろうろ。
朝からヒマなひとがおるなー的な視線をちょっぴり感じるが、
さすがに図太くなったので気にならないw

3回もトライして最後はなんだか幻想的にとれて喜ぶ。
ピンボケてやつかとあとで気がついたけど、
朝からとても楽しい気分でいられるのはええこっちゃね。

420_ベニバナトキワマンサク


420_ベニバナトキワマンサク2


420_ベニバナトキワマンサク3

ゲリラ花壇_160418/ベニバナトキワマンサク

咲いた、咲いたよ!ベニバナトキワマンサク!
枝先のくるくる巻いた蕾をあちこち発見して、数週間。
ちゃんと咲きました。嬉しい。

よそ様のような全枝にまんべんなくびっしりではないけれど、
去年に比べれば上出来上出来。
去年は壁側に2、3枝ちらほらやったもの〜。

ベニバナトキワマンサク花

ベニバナトキワマンサク全景1


ベニバナトキワマンサク全景2

0503_ParkLab.新阿波座公園ふれあい花壇

新阿波座公園ふれあい花壇。
花盛りの花壇。最初のジャーマンアイリスが終わったら、また趣が変わった。
明るいイエロートーンから、シックなブルー系。
ラベンダーかな、濃い紫と茎がくっきりしたのとコントラストがうつくしい。
右は、倒れてるからわかりにくいけど背の高いまるい葉っぱのがアクセントなのかなー?
ちんまりした花もとても可愛らしい。名前はなんやろなあ。

左はマーガレットがこんもり。
どちらの花壇もラムズイヤーの花が咲きかけで、ぐんぐん伸びてきた。
ジャーマンアイリスが終わったら、これが咲くのかな。楽しみ。
サイドのガウラも今はで小さいけど、だいぶ大きくなってきた。
梅雨の前にまた雰囲気変わるかな。

新阿波座公園ふれあい花壇右1

新阿波座公園ふれあい花壇右2

新阿波座公園ふれあい花壇左1

監修(グリーンチーム

2016/6/5(日) 早乙女田植え@千早赤阪村

去年記事にしそびれた、 2016年早乙女田植え@千早赤阪村
2016/6/5(日) 今年もあります!

急勾配の坂をあがると、見晴らしの良いとか、
気持ちが良いしか浮かんでこない、素晴らしい棚田が広がってる。
新緑がほんまに綺麗で見頃やねん〜。

千早赤阪村ウェブサイト下赤阪の棚田

ゲリラ花壇_160423/ガザニア

3月末にお試しで植えたガザニア。
変化がないなと思ってたけど、2週間ほどでひとまわり、
さらに2週間でもうひとまわり大きくなった。
葉っぱも濃い緑を帯びたシルバー。花も咲き始めた。ちょっと嬉しい。
大きく広がりそうやし、アイビーはよそへ移すことにする。

410ガザニア 423ガザニア

その後、ちらほら咲き始めてますます大きく、立派になった。
しかし。
GW過ぎたら、道に葉っぱが数枚落ちている。
週末の手入れ時よく見たら、なんと壁側半分引きちぎられていた!

がっかり。
そのせいで咲き始めた花のつぼみは枯れ、全体も色褪せ始めた。
こうなるともうどうしようもないので、
運を天に任せ適度に数日晴れてくれるよう、復活を祈るだけ。

0404_いかなご

今年はいかなご名人からいかなごを頂く栄誉を得た。
数十キロ炊くそう。
どこの業者かと思ったら、仕上がりを左右するので1キロ単位で炊くんやて!!
もちろん売るのでなく、タッパに詰めて配るのです。
思わずひれ伏して拝んでしまいそう。

別途、近所の元料理の先生からと、初めて炊いたが上記名人から教えを受けた方の分。
ちょっとしょうが多めパターンらしい。


いかなご炊くのって面白いよー、ぶわっと吹いたらいれるの!どきどきするで!
いかなご炊いたの?おおきなったやつをちょっとだけ、なかなかうまいこといかんけどねー。
楽しさを吹聴したり、質問に答えたらお裾分けしてくれた次第。
いかなご長者と呼んでください(笑)

どれも小さめの上物で、見栄え美しく、細くぴんとしたシルエット。
ふわっと良い香りで、甘辛すぎず。お、これは確かにしょうがが効いてる。
こっちがぴんとしてるけどやや柔らかい感じ? しょうゆの具合もちゃうなあ。
ぴかぴかさ加減や食感、もちろんお味は満点。
食べ比べセットを作り、惜しみ惜しみ食しております。

菓子折り持参で是非弟子入りさせてくれろとせがみにいきたい。。。

いかなご食べ比べ

いかなご食べ比べ2

0415_ParkLab.すみれと花壇

新阿波座公園掃除で、入り口エリアで雑草を抜き、保全したすみれ。
小指ほど小さくひょろひょろしてたのに、
いつのまにか大株に育ち、律儀に咲いた。嬉し〜。
ここをすみれとタマスダレで埋め尽くしてやりたいが、何年かかるやろか。

すみれ

プロのガーデナ監修(グリーンチーム)の花壇は花盛り。さすがのセンス。
咲くタイミングもずらしてあるので、常に何かが咲き、常緑や花の色合いも変わる。
あまり手を掛けずに季節変化を楽しめるガーデニングを提唱されてるだけある。
ポリジが差し色の青で、今は全体がマーガレットとパンジーで明るいイエロートーン。

主役のジャーマンアイリスが咲き始めたので、皆に報告。
iPhoneやカメラで撮ったら、もっと綺麗さが伝わるんやろなあ。
古い小さいPHSやし、これでもよう頑張ったかな。

ジャーマンアイリス1 ジャーマンアイリス2

0409_めかぶの下処理といかなご釜揚げ

そろそろ終わりかな、仕事帰りに阪神魚売り場へいかなご求めてさまよう。
釘煮になったものばかりで、がっかりしかけたら隅に積んであった!

もう終わりやねー、今年はめかぶ買い逃してん、なんて話してたら。
まだあるでー、指差す。ほんまや!
大株3つ入って150円。2パック求め、今年はどうやって下拵えするか思案。
干し切って保存するのが楽ちんやけど、確か粉まぶす方法もあった筈。


1日軽く干してから、たぶん片栗粉じゃろうと、まぶして切ってみる。
おお、確かにぬめらずに千切り(というより拍子木切り)できる!
これは簡単、ざくざく切って、ジプロックに薄く伸ばして冷凍庫へ。
茎は適当に塩を抜いて、梅と甘みで軽く煮る。

片栗粉でめかぶ切り

そしていかなごは湯がいて冷凍。
いかなごはボウルで水流をあてず、手で触らず、何度も水を替えてしっかり洗う。
沸騰した鍋に塩と酢をいれ、いかなごをそっといれる。
浮いてきたら、穴あきおたまですくって、晒し+ざるへ広げる。
更に晒しそっと包んで、水気をできるだけ取り、これもジプロック冷凍。
これでいつでも釜揚げの新子が食せる。贅沢〜

ちなみにどこかの工程で横着すると、いかなごが崩れて団子になるんよ。

いかなご釜揚げ1いかなご釜揚げ2


ゲリラ花壇_160326/ラウンドエリア・萩

ベロニカオックスフォードブルーも花がだいぶついた。
小さいのに鮮やかで目を引くので、もっといっぱい咲けばええのになと思う。
どんどん増えるとあったが、ここの水やり具合にばらつきがあるからかそうでもない。
みっちみちに増えて欲しいけど、今は枯らさないことだけが目標。

0326_ラウンドエリア

ラベンダは葉がぎっしりで立派になった。
見切り品ではげちょろやったのになあ。まだ若いから剪定はせんで良いかな。

0326_ラウンドエリア2

変化なくこれも心配してた萩、よーくみると幹から先端が飛び出てた。
たぶんこれが枝の元やろな。良かった〜。
0326_萩

ゲリラ花壇_160326/ペンステモン

冬の間、小さいまま変化の無かったペンステモン。
じわじわ大きくなってたようで、気が付いたら真ん中あたりの葉が盛り上がってた。
葉色もだいぶ濃い緑になってきた。どんななるんかしら。楽しみ〜。

背後のファイヤークラッカもぺたんこやったのが、盛り上がってる!
ちゃんと大きくなるもんやなあ。

3月始め頃3月終わり頃
0306_ペンステモン 0326_ペンステモン


ゲリラ花壇_160326/ガザニア

一番の寒さのとき、オリズルランが凍って枯れてしまった。
だいぶ大株で安定してたんやけどなー。

腐った葉をとり春まで置いとけば、復活する気もする。
でもちょっとこのへんのプランタ、ラベンダにあわせてシルバー系にしたいかも。
ホームセンタにいってみたら、シルバーリーフでちょうど良いのがあった。

ガザニア。乾燥に強く、ある程度日陰が適当。
数年前花壇エリアに植えたら、乾燥しすぎと水やられすぎであかんやった。
再トライしても良いかもしれん。オリヅルランは冬いつも傷んでしまうしなあ。
どやろか咲くやろか、迷ったけど購入。大きくなるとええなー。

0228_ガザニア

0306_ガザニア2

0320_万博梅見

万博で狂言と梅をみよう。家人に誘われ、しばし煩悶。
どちらも見たいが、ゲリラ花壇の手入れが山積み。
家はぐちゃぐちゃ、色んな手配、紙仕事山積み、まだ目を通してもない。
夕方からは手伝いに行かなきゃ、てことはダッシュで戻らなあかん。
どうやっても昼の時間帯にのんびり出来そうもない。

とりあえず花はやらないと、後の作業がしんどくなる。
座ってやる作業はちょっと置いとく。
頭もごちゃごちゃで、正直どこから手をつけようかレベルやし。
花が終わり次第行くことにする。13時の狂言には間に合わないかなー。
それでもちょっと季節を感じに、万博に行きたいかもしれない。

作業終わったけど思いの外時間がかかり、狂言には間に合わず。
梅林へいってしばし休憩。梅もほとんど終わってたけど、風情は良い。
だいぶ遅くなったお昼代わりに軽くつまんで、時間までぼんやり。
あまり興味のない、家人の興味ある些細なあれこれを聞く。
ここのとこ、こうやって義務感にかられずに聞いてやれなかったな。
考えてみると怒涛の日々で、ぼんやりする暇もなかった。
さて、日が傾き始めたので帰りましょうか。

夕暮れの万博、人が帰り始めた頃のがらんとした感じ、結構好き。

夕暮れ万博

0319_天満宮へお礼参り

お礼参りに高槻の天満宮へ。
こういうときは神様にお酒を奉納するものと聞いてトライ。
慣れなくて恥ずかしい気もするし、迷惑なんちゃうやろかと思いもする。
けど、ここ数年何度も心配事を打ち明け、
しんどい気持ちのときここの空気や木、猫にずいぶん慰めて貰った。
ありがたかった。
神様にその気持ちを伝えたい。そんなとき、お酒を奉納するんやて。

近所で一升瓶を購入し、のしをつけてもらう。
週末朝一番でお参りして、現れた猫に遊んで貰ってから社務所へ。
神様へお礼に奉納したいと渡すと、あらあらとちょっと驚かれてどこかへ消えた。
迷惑やったかなー、もう帰って良いのかしら。
家人と戸惑っていると、再び現れ、これどうぞと紙袋。

戸惑いつつ恐縮して受け取る。
帰宅してから開けてみると、干支の土鈴とここのお酒と、手製の夏みかん酒。
うわー、ええのんかしら。気を遣わせてしもたなあ。
せっかくなので土鈴は飾り、お酒は特別な時に飲むことにする。
ありがたいなー。

天満宮から土鈴

0317_ヒルトンでお花見

暖かくなり始めたら、ロビーに出現。
山桜の植栽。
いつからか毎年見ることになって楽しみにしてる。

広いロビーにどどーんと置かれてるけど、
山桜の繊細な花びらのピンクが楚々とした感じ。
半分は普通の糸桜かな。
毎日眺めて楽しんで、ちょっと元気が無くなってきたなと感じたら次の桜。

山桜

今度は八重桜。
この頃には外でも桜があちこち咲いてるけど、八重桜は大概まだ。
室内でこんな豪華な花見はができるのはありがたいな。

八重桜

入り口付近の花は、地元のユニバーサル園芸のもの。
ちょっと季節早めの花が常に飾られ、短いタームで入れ替えられる。
たまに作業担当者に話しかけられそうなとき、
花の名前を聞いてみたりする。だいたい親切に教えてくれる。
その花を見る度、復唱して、教えてくれたひとの感じ良さを思い出す。
そしてその綺麗さや可愛さ、香りを楽しむ。
一粒で何度も美味しいやなーと思いつつ毎日眺める。

0311_ParkLab.パークラボ・木蓮と山茶花

新阿波座公園。
こないだ手入れしたエリア、うんうん順調。
ふと見上げたら木蓮が満開。

新阿波座公園木蓮

山茶花もこぼれそうなほど満開。
どこもかしこもすっかり蔦に侵食されてしまってるけど、
もともと色々季節に合わせた植栽してあったんやろなあ。
もっと手入れして見栄え良く、季節変化を楽しめる気持ちよい場にしたいな。

新阿波座公園山茶花

0309_めでたくないひおめでとう

重苦しい日続く。
こんなことじゃあかんやろ、ふっきれたらええけどそうもいかん。
久しぶりに阪神に寄ったら、北陸4県の地酒まつり開催中。
バーカウンタが出来てたり、あちこちで試飲できたりで楽しそう。
アテになる食べ物もたくさん。

何か美味しいもの少し買おかな。
思ったとたん、いまから半額ですよと声を掛けられ、笹ずし購入。
それから、どうぞと差し出されたお酒が美味しかったのでそれも。
新潟の宝山
小さな蔵で、杜氏さんが毎日冬はお燗して飲んでるんやって。
楽しそうにぽつぽつ話す杜氏さんになんかほのぼの。

ご馳走広げると、なんとなくめでたい気分。
おめでとーと祝いつつ食すと、一層美味しかった。

新潟の宝山

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ