« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

1125なかしましほさんのクッキー

なかしましほさんのレシピ本を図書館で借りた。
どれもこれも美味しそう。

毎日食べたいシリーズのクッキー、マフィン、ケーキetc。
ドロップタイプのオートミールクッキーは、
イラストレータもんさんのレシピで昔よく作った。
家人も幼くよく食べ、おやつにボリュームがあって
簡単なものを作りたかったから。あと、素性のはっきりしたものは高いでな。

いまはそもそもスイーツ自体に関心がない。
貰えばもちろん嬉しいけど、周りを見ていると
私にはいまいち情熱が足りないような気もする。

それでもたまにコンビニでシュークリームなど買ったりする。
確かに美味しいんだけど、あまりにも本物から遠ざかる材料に恐れをなし。
それにいまはどれも本物と変わらない値段やし、
かといって本物を買いに行くほど食べたいわけでもなし。
安いとこれまたほど遠いのに美味しすぎるwすごい技術よねw
クッキー類もしかり。


とにかくなかしましほ本。天板クッキーに惹かれ、とうとう買った。
油分少なく、材料や道具を取り揃えなくともできそう。で、やってみた。
ざくざくかりかり、粉の味がする素朴なクッキー。
ああ、こういうの食べたかったかも!
週に何度か練習してるけど、指示通りの厚さや工程、こんがり綺麗に焼くのも難しい。
いやシンプルな工程で簡単なんだけど、私にはちょっと。
仕上がり量も少なめで油分が少ないから、洗い物が楽なのも嬉しい。

1025オートミールクッキー1125甘酒クッキー

0928_ジブン手帳アウトプットin円山公園

所用でひさびさに京都。
どうしようもない落ち込みから、少しずつあがってきてる頃。
お経が響くお寺の隅っこでしばしぼんやり。

そうだ!アウトプットしよう!
手帳取り出すと見事に真っ白。ぱらぱら数ヶ月見返すと、
やるべきことも予定も書く気にになれずやった。

ジブン手帳真っ白

少なくとも今日は、落ち込む原因の環境から脱出したよね。
今日のところから埋めていき、前日を埋め。
そうするうちに、ああこれは楽しかった。この時良いことがあった。
嬉しいなと思うことがあった。客観的にみてこうやった。色々思い出す。

ちょっと楽しくなってきたところで、
自由時間の残りは八坂さんへお参りして円山公園散策しようかな。
もう帰るつもりやったけど、なんとなくそんな気力が湧いてきた。
八坂さんへいったら、結婚式が始まるところ。
あたりは韓国人か中国人の団体だらけで大混雑。
でもなぜか式やうつくしい花嫁御寮に目もくれず。まあ、もったいない。
おかげで祝詞が始まった頃には人気も少なく、ゆっくりきかせてもらえた。

みくじを引いたら半吉。あふ坂の杉より杉にかすみけり。祇園精舎の春の曙。
春立つことめでたき近きことと心得、勢いを落とさず力の限り励むべし。
そうあった。仕事は不運あるも辛抱すべし、やて。ははは。その通り。

あちこち見ると花が咲いたり、葉がうつくしかったり。
誰かの楽しんだあともあり、楽しくなってきた。気持ち良いな。

円山公園

円山公園を少し歩いて、奥の方を登りかけ気づく。
ここお宿吉水!?
食の本「本当に大切にしたい日本のごはん」を書かれた方の旅館!
あーここやったんや!円山公園にあるとあったけど、不思議やったのよね。
ひなたにあれこれ干し物をされてて、良さそうな雰囲気やった。
めっちゃ嬉しいかも。

良さそうなところでおべんと広げて、のんびしたらまたアウトプット。
こんどはクロッキー帳に思いついたまま書き散らす。
気が済んだころには夕暮れ前。
問題は片付いてなくとも、心すっきり、楽しかった。

1113オリーブ塩漬け完成

21日毎日水換えしたオリーブ。
流しの上、水道蛇口すぐそばに置き、朝起きたら換えた。手間いらず。
21日経って恐る恐るかじってみたら、見事渋抜きできた!

そもそも昔クッキングパパで読んで、やってみたかったんよね〜。
苛性ソーダやすりつぶしたり大変そうなやりかたやったけど。
これやったら簡単でええよね。
ちょうどグルグルつばめ食堂でオリーブ塩漬けの話題があって、
良いなあと思ったら到来したオリーブ。
ハーブ漬けにするとあったので、ニンニク、オレガノ、
ローリエ、オールスパイスを適当にいれて数日。

ちょっとオレガノ風味が強くなってたけど、美味しい。
こんな感じになるのか〜。楽しい!


オリーブ塩漬け完成

ゲリラ花壇_151122/ベニバナトキワマンサク下エリア

前回整理した場所に新入りを植え付け。
木の根っこもあるので、そう深く掘れない。
でも上手くいけばニチニチソウと同じく、
根茎でめちゃくちゃ増えるらしい。

穴を掘って小さいプランタごと埋め込んだ。
手前はリキマシアファイヤークラッカー。黄色い花が咲くらしい。
奥はペンステモンハスカーレッド。白い花。
どちらも50〜60cmほどの高さで、乾燥に強く丈夫で増える。
そこを信じて植えてみた。どんな感じやろな〜。

裏から。 リキマシアファイヤークラッカー 正面から。 ペンステモンハスカーレッド

ゲリラ花壇_151115/出張所葉牡丹2年目

去年引き取り手がなく、持て余した葉牡丹。
それなりに場所をとり和風過ぎるのと、皆12月は飲食店繁忙期やし。
だいたい植えるスペースがある店は、テルスターで満席。
市管理の花壇は咲いてようがなんだろうが、
容赦なく引っこ抜いて植えてるけど。5月の花盛りもみれず、勿体無いよね。
お役所仕事、という言葉が浮かびます。

とまれ裏道でさびれてるけど、実は商店街入り口となるところ。
大昔市が低木を植えてたが、とうの昔に枯れ果て、
雑草と吸い殻、その他ごみでいっぱい。時々拾ってたけど、キリがなく。

思い切って整理して、土を足し、こっそり植えてみた。
10株ほど(どこがこっそりやねん!)。
雑草を除いたら、小さな南天もでてきた。お多福南天と書かれた木札も。
脇道の隅っこで雨水だけでわさわさと頑張り、
虫に美味しく喰われても、酔っ払いに腰掛けられて折れてもまた芽を出し。

こんなに立派になりました。
傷んだ枝を整理し、空きスペースに万年青を足した。
今年の分はどうやって植えようかしら。。。

出張所葉牡丹2年目

1017_ParkLab.パークラボ・アワザサーカス

年も新阿波座公園と新町公園は朝から大にぎわい。
これがひとりの研究者から発した街づくりイベント、
数年かけた、見返りもほぼない地道な働きかけから
生まれたものとどれぐらいのひとが知ってるんやろう?
感慨深い。
アワザサーカスFB アワザサーカス

まずそうじをして、店舗準備。
テント設営は役に立たないから、
先週し残した入り口の雑草抜きに全力を注ぐ。
傷んだタマスダレを移植したりしてて、中途半端に終わったんよね。
移植先のタマスダレはひょろついてるけど、
数年後には柵に沿ってきれいに咲きそう。楽しみ。

気の済むまで草抜きしてたらいつの間にかスタート時間。
パークラボブースもできてた。ParkLabo.
事前準備で花壇のマリーゴールドとラムズイヤー、
ハーブガーデンのローズマリーにタイムを麻ひもでくくって乾燥させた。
それをフラッグのようにまわりにさげて、欲しい人は持ち帰る仕組み。
乾燥させたマリーゴールドはものすごく良い香りがするんよね。
ポプリ袋に詰めて貰えるようになってた。こどもが結構くいついてた。
プラカップ利用のアイビー、スクラップガーデニングも楽しんでもらえたよう。


パークラボ・アワザサーカス1

今回の目玉は、ガーデンウェデイングパーティでしょうか。
文字通り正真正銘の公園パーティ。
当日ウェデイングドレスの女性がいて???やったが、なんと本当の結婚式やった!
きゃりーぱみゅぱみゅのような、可愛いゴシックロリータドレスの女性や、
ロバマスクの素敵紳士がいたので仮装パーティするのかなぐらいで。
ちゃんとご馳走や華やかな飾りも用意されてて、公園中央で優雅に開催された。
本当すごく良い雰囲気でした。
すぐそばの立ち飲み「お立ち」の元店長さんらしい。おめでとう!


パークラボ・アワザサーカス2パークラボ・アワザサーカス3

1015_ParkLab.パークラボ阿波座準備

楽しき掃除をしている新阿波座公園にてイベント。
アワザサーカスFB
今回はプロのガーデンデザイナがメンバーに加わった。

すぐそばにある公園に関心を持ってもらえる様な、
家でも思い出せるものが良いねという発想らしい。
できるだけそこにあったものを利用するとか。
去年の冬は、はびこるアイビーを整理するついでに
クリスマスリース作りをして好評やった。


室内用の土に公園のアイビー挿して、楽しめたら良いね。
でも実際挿してみたらだいぶ立派過ぎ、ごつい。困った。

アイビーなら数種類、売るほどある。
家のグランドカバーと、ゲリラ花壇で増やしたやつと。
ちょうど増えすぎて整理の時期やし、根のついたのをせっせととった。

業務用アイス容器にびっしり。
それだけではつまらないので、ついでにオリヅルラン子株と
ユキノシタ子株もせっせと集めた。なんかすごく増えてたんよね〜。
喜んでもらえると良いな〜。

パークラボ阿波座準備


パークラボ阿波座準備2

20151110_パン作り

まずゆず、次に甘酒、最後にパン。
その前にもうひとつ、包丁も研いだ。
帰って1時間余り、いっこずつ集中してやってみたらできた。
楽しかった。
楽しみごとのそれらは先延ばしにするうち、
いつのまにか億劫の塊になってたのね。

夏頃急にパンも焼いてみたくなりトライした。
室温も高く、発酵も面白いように進む。
またやろうと思ううちに室温が下がり、億劫仲間になった。
あと、こね作業が15分あり、そこも億劫ポイント。やれやれ。

それを省略できないか調べ、甘酒使うレシピをみつけたが、
その前にこね作業が本当にいやなのか知りたかった。
なので使わないレシピ。

プチパンレシピ
 強力粉200g、こだまドライ酵母 10g、塩10g、甜菜糖10g、
オリーブオイル20g、ぬるま湯220cc

1。酵母を35度ぬるま湯40ccで3分置く
2。Dryを混ぜる
3。Wetを3に混ぜ、酵母を足し、軽くまとまるまで混ぜる
4。ふたをして3分
5。15分こねる
6。かるくまとめて発酵
7。小分けにしてまるめる
8。ぬれふきんをかけ、15分置く
9。きれいにまとめて再発酵(シューマイみたいににゅっとやる)
10。水を吹いて切り目をいれてから、200度で15分程度焼く

手順を書き出すとくらくらしたが、要は順に混ぜて
こねたら焼けるようにまるめて置いておくだけ。
膨らまなかったら膨らむまで待てば良い。そんだけ。

そしてやっぱり面倒やなと思ってこねるのと違い、
やってみたくてこねたら面白かった。
本格的なこね方はわからないから、ボウル内で90度に折りたたみぎゅっと押し、
生地の場所を変える。それでもだんだん生地がすべらかになる。
何も考えないで、その変化や感触を楽しみながら続ける。
楽しい。

ちゃんとパンになった。美味しい。面白かった!

20151110_パン作り1


20151110_パン作り2

20151110_甘酒作り

塩こうじ作り、中途半端に残ったこうじ。
袋裏面にあるレシピ量では、とても甘酒は作れない。
どうしようかなと置いたまま、見るたびにプチストレス。

今日はとにかくやってみる、時間が足りなくてできない。
ヨーグルディアがないから、炊飯器がないから、つまるところお金がないから。
いつも言い訳を繰り返すのがほとほと嫌になったのと、単に手間が億劫なのか
本当はやりたくなくて言い訳してるのか、はっきりすると思ったから。
急に白黒はっきりつけようじゃないの、な気持ちになった。


みつけたこうじ少なめ甘酒レシピ。
こうじ100gに対して、白米2合。水2カップ。
1。白米を炊き、50〜60度程度に冷ます
2。こうじを混ぜる
3。水をいれる。ひたひた程度

まあ簡単。どうしてこの程度のことを億劫がったんじゃろ?
50度洗いが面白くて、立派な温度計もあるし白米もたんといただいた。
保温容器も素敵な発泡スチロールが意図せず買えたのよね。

一番大事なのは温度管理か。

手早く温度が下がりすぎないように混ぜて、
測ったら容器にセット。容器が小さいからタッパに分割。
温度保持に熱湯の入ったグラスいれたらあとは待つだけ。
はい、ゆずに続いてひとつ片付きました。

こうじを使い切りたいのもあったけど、パン生地に必要やったんよね〜。
これでもうひとつの言い訳ネタも減った!
やればできるんやわ〜。





20151110_甘酒作り1
<img 20151110_甘酒作り3
<img 20151110_甘酒作り5

20151110_ゆず皮冷凍

近所のスーパ、生産者名表記つきの青果コーナ。
新鮮な菜っ葉や、ちょっと変わった野菜。レモンやみかんの果実類もある。
どれもだいたい200円以下で統一、買いやすい。

毎日入れ替えのルールなのか、ゆずがいっぱい入ってるのに半額!
今日加工できないけど、買うに決まってるやーん!

急ぎ求めて、数日。
ジブン手帳の日毎ToDo運用がうまくいってきて、いよいよ加工。
前の記事を参考にする。

くり抜きがちょっと面倒やなあ。たぶんネックはそこ。
ToDoを眺めてたら、思いついた。
グレープフルーツナイフでやってみたらどうやろ。

刃が長い&皮が薄いのでちと扱いにくいけど、思ったようにくりぬけた。
そこからは簡単。ぬかをいれて20分程度煮るだけ。
これで来年もゆずを心置きなく使える。

実はさらしで絞って果汁に塩を加えて保存、残った分はゆずジャム。
ジャム作成は翌日に回したけど、予定完了してすっきり。
20151110_ゆず皮冷凍

ジブン手帳(日毎ToDo実践)

日毎ToDo実践。
日毎上部を活かすために試したけど、これはなかなか良い。
後回しにしがちな家事予定を繰り越すのが常。
わりと急がないことであっても、溜まってゆくとストレス。
ToDoスタンプMAXは3つに決めたけど、
これくらいならできるかとひとつふたつ追加したりで
どんどん片付いてきた!

日毎下部はみてのとおり些細な嬉しきネタ、オレンジでぎっしり。
あらかじめここへ家事予定ふせんを貼ると、
あ、楽しい、書いとこう!
そんな勢いを削いでしまう。それも邪魔しなくなって、どんどんかける。
ごはん美味しいとか、赤ちゃんがにっこりしてたとか本当に些細なこと。

しょうもないことばかりでも、オレンジ(マイルドライナーマイルドゴールド)でマークする。
そしたら、そんなに落ち込むことばかり、自責の念でうじうじする日々でなかったと感じる。
わりと良い線いってるやん、私。そう思えてくると毎日が楽しくなってくる。
前向きなエネルギィが湧いてくるってこういうことかもなあ。
ジブン手帳(日毎ToDo実践)

ゲリラ花壇_151115/ラウンドエリア

ここは雨がまったく当たらず、数年前はオリヅルランと斑入りニチニチソウだけ群生。
なにか植えてみても、猫のトイレになって全滅したり干上がって全滅とか。
または気遣いで、集中的に水やりしてくださって蒸れて全滅。
パークラボで知ったガウラ。これならいけると踏んで探してた。
とうとう時期終わり、280円コーナンで発見!
同じくこれも売れ残り、枝のみ残ったラベンダ100円也を追加。
ガウラは数本でもしっかり咲いて、ラベンダも緑が濃くなった。

<img手前にラボで貰ったタイムを移植してみたが、水をかけられて消滅。
とにかく水にも乾燥にも強い背の低いのん植えたいな〜。
151115/ラウンドエリア2イメージ図を書き、少しずつ調べる。
タイムもあかんかったからな〜。
捨てられてたローズマリーはうまくついたけど、
前述の理由で蒸れて病気っぽくなり広がらない。
強さを期待できそうなのを見つけた。

ベロニカオックスフォードブルー。
だいぶ丈夫らしいので、3つに分ける。
2つ植えて、隙間に猫よけの石を置いた。わりとええ感じかも。
みっしり茂ると良いな〜
<img 151115/ラウンドエリア4

20151116_干し柿完成

干してから、何度か雨続き。
熱湯殺菌だけやったし、念のため途中で1回再殺菌。
もっかい熱湯通して、ホワイトリカーにどぼんしてそのまま干した。
数日晴れ間があったので綺麗に乾いた。

なかはトロトロ、甘くて美味しい。上出来〜

20151116_干し柿完成1 20151116_干し柿完成2

STANLEYクラシック真空ボトル1L(使う)

スタンレー使いかたの続き。
寒くなると、朝お茶を必ず沸かす。
茶葉はパック入りでないのを使うので、濾す。

ここが問題。

背が高いのと口径が狭いので、茶こしが安定しない。
三角錐のでなく、調理用で粉も振るえるステンレス丸茶こし。
口に乗せるとなかなか無理がある。
無理を承知で茶葉を濾すと、横からじゃばじゃば溢れるんよね。
番茶とか麦茶は茶葉が大きいし。

そこでスタンレーのコーヒー用マグ。
こちらに一旦濾してせっせと移す。数回やけどちと面倒。
三角錐茶こしを買ってもええけど、茶葉が大きいので結果は一緒かなー。

スタンレーステンレス

スタンレーマグ

ジブン手帳(ココフセンカット)

ココフセンのリフィルがだぶってしまった。
紙ふせんに比べて、若干高いしどんどん使うにはややもったいない感あり。
まあ使わないほうがもっともったいないから、ええか、

で、どんどんつかうキャンペーン開催中。
楽しいこと、やりたいと思ったことをふせん化してたら、
仕事系やアポや重要、支払い系の青と赤が余ってきた。
これは買い物メモで消費することにする。

普段、日予定か月予定に使う分は、カード側面にあわせてカット。
これで日と月の幅にぴったり。
手帳全面ポケットにいれておくと、カードを取り出さずともとれる。
小さいのでとっさには書きにくいけど、
手帳タイムをとったときにじっくり書くには向く。
1件しか書けないからよく考えるし、ぴらぴらしないしね。

ジブン手帳(ココフセンカット)

ジブン手帳(表紙にココフセン)

GTDアウトプットと振り返り、日毎ToDo実行化順調。
順調すぎて、なんだか大忙し。
「やらなければならない」から「やりたい」に変化して、
決めたから仕方なくやる、がほとんど無くなった。

GTDアウトプットの羅列をふせん化する前に、
マインドマップに落とし込みたいが、Macに向かう時間が無い。
買い物ふせんパッドを作り直したいが、
これも家で座る時間がほとんどない。
買い物ふせんパッドは、数年前財布を買い換えたら、
外側スリットが無く挟みこめず。手帳に挟んで使ってたが、
ずっと作り直したいと思いつつ手付かずやったんやわ〜。

普通のふせんはぷらぴらするしで、ココフセンS。
表紙にちょっと貼ってみた。
ココフセンの余剰分を消化したかったし。

主に帰りか昼休みにする買い物や、
準備したいものがよく目について忘れない。
ぴったり張りつくので、かばんの中に落ち込まない。
とりあえずのつなぎにええかな。
ここに挟んだパウルクレー展チケット、
是非とも行きたいが予定が詰まってるんよね。
前回から数えて数年、滅多に来ないからな〜。うーん。

ジブン手帳単体は早々に売り切れたり、在庫切れするので
10月には急ぎ買わねばやけど、仕事用手帳はゆっくりのついででOK。
こっちも最近仕様が固まってきたんやけど、
美崎手帳で行くか、それとも他のにしようかな〜。今年実現の180度開きは絶対ええよね。


ジブン手帳(表紙にココフセン

1106ヒルトンサンタ

ヒルトンを無理やり通り抜けるのが朝の楽しみ。
特に好きなのが、調律師が静かなエントランスで調律をしている日。
ひんぱんに変わるあちこちに飾られた花が、
地元ユニバーサル園芸管理と最近気づき、これも楽しみ。
時々声をかけられそうな雰囲気のとき、
花の名前を聞くこともある。嬉しそうに答えてくれるのでこちらも嬉しい。
(そうそう、FARMにも行ったんやった!)

今朝はいつもと違う雰囲気、どーんとサンタがお出まし。
夜間に設置したようで、設置終了の様子を撮影してた。
朝のサンタとカルーセルは、なんだかとても楽しい。
声かけて撮らせて貰った。

もう年が押し迫ったんやなー。
とにかくやってみるを始めてから、日々の過ぎるのがなんと早いこと!
1106ヒルトンサンタ

1106ヒルトンサンタ2

ゲリラ花壇_151101/球根エリア

持て余して捨てられたと思しき、小さな万年青のひと鉢。
球根エリアの空いたところに移植。2、3年前かな?
時々古い葉を切っていたのに、どんどん大きく逞しくなり。
株も4つくらいになった。
この後ろのタマスダレが咲いたのに見えない!

高低バランスも良く、良いアクセントやけど移動することにした。
どっちにしてももう株が増えてスペースがない。
抜くのに掘り上げたら、根っこがびっしり広範囲に広がってた。
一帯の主になっとったんやな〜またよそで頑張って幅利かせて。

代わりに植える手頃なんがないので、
手のひらサイズから立派に育った、3年物セロームを家から移植。
冬の戸外に置くと葉が枯れたけど、毎回何事もなく復活するんよね〜。

タマスダレの群生をばらして、ふちに移植。
クロッカスは逆にばらけていたのを集中。水仙はそのまま。
ハナニラも増えすぎやから、少し抜いたけど全部抜こうかな。
あっという間に埋め尽くして、他に植えたのが負けるんよね。


空いたスペースへ、スミレのグラウンドカバーを追加。
上手くついたら、みっしり茂るのでええのよね。
バッタが美味しく食べにくるけど、それ以上に茂るから。

存在感ある万年青をのけたら、やっぱりすっかすか!

151029/球根エリア <img

ゲリラ花壇_151107/ベニバナトキワマンサク下エリア

猫の侵入防止と、場所がないのもあり、剪定ガラを置いていた。
花や葉の剪定ガラ、枯れたものはプランタで腐葉土化させるが、
分解しにくそうなものや、困り者のトキワマンサクの枝葉はここへ。
今回の剪定でさすがに山が大きくなり、見苦しい。
ダンゴムシ飼育所みたいになっとったしな〜。

花壇改造計画に沿って、ここもすっきりさせる。

まずそれらを全部取り除く。元々太いツタが大量に繁殖し、それを数年前除いた。
木質化して太く、しっかり根付いてたので超大変やった。
残ったのは大量のオリヅルランと斑入りニチニチソウ。
地下茎でどんどん増え、抜いても抜いてもあちこちから復活。
ここも枝葉の下やのに、全然勢いを落とさず出ていた。

一旦これも除いて、土を掘っくり返す。
先月枯死した木の根元は、白カビのようなものでびっしり。
それが少し残ったエリアもあり、一帯の土を入れ替え。
この作業に結構時間がかかった。
土の入れ替えで、いずれは花が増えるかもな目論見。
とりあえず猫よけして、適当に株分けし、ボリュームを減らしたのを挿す。

見違えた(^^)v
作業前記録を取らず、すっきり感が伝わらずちと残念かな〜

マンサク下エリア

20151105_渋柿で干し柿作り

遠き友よりありがたき贈り物続き。
こないだ近所の人から貰った分は、既に熟し気味。
あっというまに熟してしまい、吊るせず柿ジャムとなった。
あー残念買ってくるかなと思ってたら。
どん。
渋柿山
届きました、見計らったように。丁寧にきっちり、下げやすそうな枝を残してある。
友のいるだろう方向へ喜びの舞を舞い、早速準備。





渋柿へた切り
■干し柿作り手順
1.へたをはさみで極まで取る
2.皮をむく(縦むき)
3.ひもをくくる
4.滅菌。熱湯どぼんorホワイトリカー
5.戸外に吊るす

ホワイトリカーの買い置きがなく今回は熱湯で。
1回目くくってから皮むきが先やったのに気づいた(^^;
雨が降っても濡れないのでいつも吊るしたまま。
渋柿ひもくくる1■渋柿ひものくくりかた
1.終端が上にくるように輪っかをひとつ作る
2.2個目も同じように作る
3.2個目を下に重ね、輪に枝を通す
4.きゅーっと絞る

簡単で抜けないので大根干しにも応用可(^^)
ひももプラスティックのが無く麻ひもで代用。
下になった柿は最初の数日だけ、
ひもが食い込まないようずらす。
渋柿ひもくくる2 渋柿ひもくくる3

20131223_箒遍歴9(ちりとり はりみ修繕)

前回修理したはりみを年末に修理。
白と金文字の包装紙から、
カラフルな折り紙にした。
ちょうど良さそうな包装紙もなかったし。

工程は前回と同じ、吊り下げ用の麻ひもも取り替えた。
楽しそうな柄になった。

はりみ修繕201312

ゲリラ花壇_151107/ベニバナトキワマンサク新芽

とかげのように、にょろっと出てくる新芽と節の赤いところ。
先端は切るなとあったけど、花芽のようなものは見当たらない。
というかようわからん。

残す基準にした節の赤いとこ。これも葉っぱになるんかのう。
春にピンクの垣根が出来、それは可愛く素敵なお家がある。
今はそれがマンサクと知ったので観察さして貰おうかしらん。

151107/ベニバナトキワマンサク新芽1 151107/ベニバナトキワマンサク新芽2

ゲリラ花壇_151107/テルスター植え付け後

9月下旬に花が無い状態で植え、10月中旬に花が咲いてから場所入れ替え。
ついでによそ店舗配布分の状態が悪かったところへ、
立派に育った分を里子に出す。次の週で最初の花ガラを剪定したところ。
ちょうど雨が降らず乾燥状態が続いたので、
まあまあしっかりしてきたかな。

151107/テルスター <img

ゲリラ花壇_151029/ベニバナトキワマンサク剪定

何の木かよくわからんけど、たまに春ピンクの花が咲く。
伸びすぎた枝を少し落としても、すぐに何事もなかったように鬱蒼とする。
茂ったなあと葉をみたら、アブラムシがびっしりでぎゃーとなったり。
葉っぱはぎざぎざでひっつき虫みたく、服や頭についてくる。

去年だったか枯れてしわしわになった幹を、
思い切ってのこぎりでカット。よりかっちょ悪くなった。ごめん。
いまなんでもとことんやってみるキャンペーン中なので、
これをなんとかしたくなり、初めて調べてみた。
ベニバナトキワマンサクらしい。

手がかからず綺麗なピンクの花が咲き、剪定も容易とあった。
ただし剪定時期は花期が終わった5月頃。
晩秋にカットするとあかんらしい。うーん、ま、今も少ししか咲かないしえっか。
普段の手入れのコツは、幹や枝につく分枝?若木?をまめにカットすること。
まあいわばアホ毛ですな。
徒長した枝を切るのは、枝元から。枝咲きから咲くらしい。
トピアリー仕立てにもできますとあったが、ハードル高すぎ。
一応どこを切るかイメージしてみる。

1029マンサク剪定

枯れた幹をノコで落とし、アホ毛をちまちま切り出したら、
結構楽しくなって30分くらい夢中でやった。
枝もよくみて、赤い芽みたいのが節にあったら残す。
時々表に回って、バランスをみて落とす枝を見極める。
そうしてたら通りかかった植木屋の奥さん、本職の方に労われ、
ああうまいこと梳いたわね、さっぱりしてるわと言われた。

確かに枝が軽やかな感じで、なかなか格好良くなった。
数日してよく観察したら、赤い新芽か葉が出てたので安心する。
これでもう少し咲いたら嬉しいけどなあ。

1029ベニバナマンサクビフォー 1101ベニバナマンサクアフター


ジブン手帳(日毎ToDo&きりとりや黒角スタンプ)

手帳を眺めてたら、日毎の上部がすかすか気味なのに気付いた。
最近、嬉しかったことを書き出すようにしてた。
ブログ再開前の落ち込みスパイラルをなんとか解消したくて、
些細なことをちまちま書いた。

朝の空気が澄んでて嬉しいとか、お茶があったかくて美味しいとか。
本当に些細なことを1個ずつ書くうちに、
そうやあれも書いとことどんどん増えた。
ボールペン色はオレンジ、マイルドライナーはマイルドゴールド。
そうすると下部はずいぶん賑やかになり、上部の空きが目立つ。
かつ、家事や買い物メモ書くとこや、ふせん貼る場所が無くなる。


思い出して活用してなかったきりとりや黒角スタンプ、TODOスタンプね。
5つやと負担に思えるから、2つ隠して押してみた。
確定してるものは直接書き、変動予定はふせんで。

以前から家事ふせんも、絶対やる!と決めたものは上部。
でも場所を決めてなかったのと、数を制限しておらず
曖昧になってたんやった。
場所を決めたら、なんかええ感じ!

ポストイット用スタンプ探し@きりとりや黒角TODOスタンプ

ジブン手帳(日毎ToDo)

STANLEYクラシック真空ボトル1L(ばっちり保温)

そろそろ寒くなってきたので、しまいこんだ場所から取り出す。
STANLEYスタンレークラシック。
でかいけど、軽くて持ちやすい。
中身が入っても、ハンドルがしっかりしてるから安定してる。
持つたびにそう思う。

寒くなると、朝お茶を沸かしいれておく。
日中在宅のときはそのうち無くなるけど、不在なら当然余る。
朝中身を空けると下手するとまだ熱いんよね、これが。

昔キャトルセゾンか無印どっちだったかで買った保温ボトル。
これはそこまで保たない。最近のだともっとええんやろけどなあ。
たいしたもんです。

まだ書きたいけどちょっと中断。

スタンレークラシック

1014_思いがけずオリーブ実

近所にオリーブの樹がある。
植えた当初は若くて小さかったけど、数年経ちしっかり大木になった。
いつのまにか実がなるようになった。1本しかないのに。
2本ないと受粉しない筈やのにな?
どこかにもう1本あるのか、まさかうちのミニオリーブやないわな。


とまれ、今年も生ったなあ。
いつもそのまま、しわしわになって落ちておしまい。
もったいないな、実欲しいなー。思った翌朝。
剪定作業でばっさばっさ落とされてる!!
あわわと駆け寄って、気の良さそうなお兄ちゃんに尋ねる。


あのー、実、貰って良いですかモジモジ(。_。*)))モジモジ(。_。*)))


ええ!? 実ィ?そんなんあったっけ?あーこれかーどうぞどうぞー
あ、ここにもようけあるわー、袋入れましょか!

いえいえと自分でやりますから、数枝分、さささっともいだ。
つやつやぷっくりで可愛く、思わずにやにや喜んでたら、更に足してくれた。
良い枝ぶりの枝も数本貰ってほくほく。あー嬉しい!!
あんまり嬉しくてにやけてたから、ちょっと笑われた。そりゃそうだ。

超特急で自宅に戻り、返す刀で自販機コーヒー買って投げ渡し、
枝一本はそのまま会社に下げていく。
電車の中でも、綺麗な枝を眺めてにやにや。
ええ朝の始まりやったわ〜

思いがけずオリーブ実

ゲリラ花壇_151025/余禄-春と夏の収穫

春咲いたラベンダーは、花穂が咲き切ったら摘んだ。
それでも次々と咲き、2年目の大株ふたつ分やと結構ある。
ラベンダースティックでも作ろうかと思たけど、時間もなく。
茎だけでも十分香るので、布きれで包んで風呂に投入。
花穂も包んで押し入れに、残りはそのまま、時々香りを確かめる。
むきだしやと、香りは薄れるけどしっかり残ってる。
たいしたもんやなあ。

夏のふうせんかずらは、後半巻き返し勢いがあったせいか沢山種がついた。
時々種が欲しいと声をかけられるし、
最初は、20個ずつグラシンペーパでくるみ、
そばに麻ひもで吊り下げ、ご自由にどうぞと書いた。
これは遠慮がちにぽつぽつ無くなった。何度か繰り返した。

9月も後半になって、枯れが目立ち始め、種もおおかた仕上がったころ。
直接おとりくださいと書いた。
一気にごそっと無くなった(笑)。かずらの種、可愛いもんね。


春と夏の収穫

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ