« 恒例の阿波座公園掃除@CCA | トップページ | 名誉の負傷 »

さすがに目を惹くのか

ゲリラ水遣りで大きくなった撫子。
5月に入った頃から、次々に満開となる。

新たに植えれば抜かれ、大きく株が育てばまた抜かれ。
空いた隙間を埋めるため、植え替えたり位置を変えたり。
そんな手荒な扱いをされたにもかかわらず。

ありえないほど大きくなった。30cmは軽く越える。
よそで見かけるのは可愛らしく程良い大きさ。
大きくても15cm程度かも。

これはなんか別の生物では?疑う事しばし。
薄ピンクと朱色、ドピンクがプランタいっぱいてんこもり。
あまりにもでかすぎ、派手派手しい。
パンジーも緑もりもりで花盛りやけど、撫子に比べたら清楚でほっとするわ。

ところで先週あたりから、作業中必ず誰か、数人に声掛けられる。
代表的な内容としては。
*綺麗ですねえ→私でなく撫子と思われる
*満開ですね→みりゃわかる
*見事ですね→てか狂い咲き?ちょっと怖くね?
*これは何と言う花ですか→私もよくわかりません
*今年は上出来やね→そらどうも

→以下は心にしまって、ええそうですねえホホホ程度にお返し。
ご苦労様と労って下さる方には御礼いうたけど、
本人は水遣るだけで、なんかえらい咲いたな程度の認識やし。
なんて返すもんなんかしら。

« 恒例の阿波座公園掃除@CCA | トップページ | 名誉の負傷 »

1.楽しきこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恒例の阿波座公園掃除@CCA | トップページ | 名誉の負傷 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ