« 静かな朝の一仕事 | トップページ | 思いがけないギフト »

悲しかった

またやられた。
ゲリラ水遣り花壇の、花を持って行かれた。

前に抜かれた穴を埋めるために買った、枯れかけの格安品。
前も大きく育って綺麗に咲いたところをやられたんよね。
季節を過ぎてたから、花の終わった格安株しかなくて。
それでも抜かれた穴が悲しくて、やってみようと植えたもの。

数ヶ月かけて徐々に復活、撫子らしく育ってきた。
つぼみ大きく膨らんで、数日前ようやくひとつ咲いた。
八重咲きの白とピンクのコンビネーション。

今朝もひとつほころんで、ああ嬉しい午後には開くと思ったもの。
夕方通りかかったら、ごっそり抜かれてた。

ものすごショック。
楽しみやったのになあ。


夕方までは、のんびりしたあったかさを楽しんでた。
近所のグラウンドの催しで、くるくる回る風車買った。
じーちゃんこだわりの逸品、牛乳パックリサイクル。
なんだかそれ買ったのがめっちゃ嬉しくて、元気でてきた。
本読んだり、ぼんやり風車眺めて過ごしたら楽しくなって。
そうそう買い物ついで、花眺めてから行こう。

そこへの一撃。

なんとか復活しようとする度、それを挫くようなこと起こる。
なんかなあ、ちょっとなあ。
何とも言えへん気持ち。


« 静かな朝の一仕事 | トップページ | 思いがけないギフト »

6.困ったこと」カテゴリの記事

コメント

それはかなしい

でもReeさんの記憶の中で咲き続けているね。

*みっこさん
ありがとね。
少なくとも咲いたところもみれたんやし、
頭ん中で満開に咲かせてみるわ〜。

いやいやよくわかるのでござる。
かくいう拙者も、それこそその昔、金では買えぬほど大切にしておった花たちをポッツリポッツリと抜かれて盗まれた事があったのでござる。
その時には、悔しいやら情けないやらでやりきれなかったのでござる。
が、ひょんな事で犯人がわかったのでござるが、相手にしたくも無い人でござったので、「あほ!」の一言で終わってしまったのでござる。
しかし、その寂しさはよくわかるのでござるな。
盗んだ人の心は情けないけど、、自分の心の花は結構綺麗に咲くものでござるな。
あれ?何言いたかったのかな?

*歩く化石さん
いつもありがと〜しっかり伝わったよ。
その優しさが嬉しいわ。果報者やわ、私。ごめんね、いつも心配さして。
数日経って気持ちも落ち着いたし、もう大丈夫やから。

貴殿のお花ほどではないけども、それなりに可愛がってたものがなくなると
なんかね、色々深く考えてたら得たものが多かった気もするんよ〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静かな朝の一仕事 | トップページ | 思いがけないギフト »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ