« その女、ジルバ | トップページ | だいどこてぬぐい »

お山へ登る

弁天山へ枝垂れ桜見に、家人と出る。
途中でアイス買って、桜愛でながら頂きましょう。
計画ばっちり、しかし陽射しで溶ける恐れあり。
競歩さながら、焦りながらお山へ登る。

枝垂桜も盛りを過ぎ、境内はひっそりした感じやけど、
アイスと一緒に楽しみながら眺められた。
真っ赤な大輪の花はちょうど満開やった。

天気も良いしもう少し散策しましょうと、裏山へ。
修行のお山やけど、立ち入っても構わない。
家族連れがちらほら、ピクニック洒落込んでるくらい。


山林の間をぐるりと抜けて、あちこちの花やさつきを楽しむ。
少し開けた笹の林で、うぐいすの鳴き声。
随分練習したとみえ、滑らかな模範的な響き。
数十分で町中と思えない静謐さ。
ここのとこかなり気分が揺れてたので、
この静けさと景色でかなり気分転換になった。

ヘリコプタ用の野原で、てんとう虫構ってから帰宅する。
休日らしき良い散歩やった。

お山のさつき


« その女、ジルバ | トップページ | だいどこてぬぐい »

1.楽しきこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その女、ジルバ | トップページ | だいどこてぬぐい »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ