« 三百人の高砂 | トップページ | 手帳タイム(プロジェクト管理) »

バルタン星人な水仙らしきもの

お使いで遠出。お日柄も良く、あったかい日曜日遠出日和。
お久しぶりの友人に、春いっぱいのあちこち。
テンションあがり、ふらふらさまよう。

河原へ降りる道を発見。
誘われるまま降りるとバルタン星人のはさみの群生。水仙?
坂下からにょきにょき緑の葉。ばらばら群生して見事なり。
もうそこらじゅうからにょきにょきと、道の真ん中まで。
おもっきし踏まれてるし。どうも勝手に増えたっぽい。
一株もって帰りたい誘惑にかられるも我慢する。

バルタン星人


川へ出て、水たまりにおたまじゃくし天国。
こんなん久しぶりに見たわ〜。もううじゃうじゃ。
嫌いなひとには失神レベル。写真はつつくのに忙しくて忘れたw
友人撮影の画像はこちら
川は緑に光り、風は気持ち良く川沿いにはひなびた旅館。
もうこれはまさに火曜サスペンスの世界、そのうち川から死体が流れてくる筈。
しばらく待ったが鳥の鳴き声がするばかり。


ふらふらしてたら、軒先にちんまり座ったおばあちゃまから御下問。
どこから来たのか、どこの家へきたか、なにふらふらしてるのか(ごもっとも)。
速やかに回答後、おばあちゃまの婿取りから婿の働き、現在の商売状況。
また近辺の家事情から、道路の開発にまつわるあれこれ。
90歳過ぎと仰るも、滑舌はっきり、お耳も遠くなく。
足腰だけがそれ相応のお年なんだそう。可愛いおばあちゃまで楽しかった。
年いってもこんなキュートな笑顔浮かべられたらええなあ。


友人との楽しい時間はあっという間に過ぎ、夜からバイト。
このところのお悩み、背中のじんましんも確認して貰った。
まさかブログにアップして全世界に披露もできひんし。
でもあんまりにもかゆくて、誰かに見せたかったんすよ(笑)
そんなふるまいを許容してくれる友人て、ほんまありがたいなあ。
なんて恵まれてるんやろう私、ほんま幸せもんやわ。

急ぎ帰る道中、ドイツから桜を見に来たが咲いてなくがっかり。
今から帰国する、そんな娘さんにばんじゅうに入った桜をじっと観察される。
ミニチュアやけど本物やでゆうたら大変に喜ばれた。

ちょっとええ話、私もなんかめっちゃ嬉しかった。ドイツで投書されるかな〜。
桜の国日本にはなんと行商の桜売りまでおったって(笑)

奥が1年前の苔玉桜で、手前が今年の。
喜ばせた咲いた桜は、地元でも喜ばれてええ話しその2発生。
もう日本昔話的な感じやったわ〜。

苔玉


« 三百人の高砂 | トップページ | 手帳タイム(プロジェクト管理) »

「0.いとうれしきこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三百人の高砂 | トップページ | 手帳タイム(プロジェクト管理) »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ