« さんむーい手がちべたいー | トップページ | 春節祭と女子の戦場 »

梅が咲いた

ゲリラ水遣りしてる花壇。
花を植えれば、頃合い良き咲く頃に抜かれ。
株が大きく育てば、ごっそり株毎抜かれ。
復活したバラが一輪、咲き始めた頃に引きちぎられ。
または酔客が粗相し、無惨な有様になったり。

思わずマザーテレサの言葉一節を思い出す。
「あなたの作り上げたものが壊されるでしょう。気にする事なく作り続けましょう」

そうね、気にする事なく致しましょう。
そもそもゲリラ行動やし、究極の暇つぶし、自分勝手でごめんなさいやもの。


そのうちのひとつ、枯れ枯れの植木。
小枝を折ると、中まで枯れてる。だいぶぽきぽき折ってみてもだめ。
何の木じゃろなあと水と肥料だけ遣り続ける。
さすがにこの枯れ具合では持っていかれず幸い。

そのうち幹が緑っぽくなり、気がついたら枝も。
細い先にぽこぽこつぼみらしきものが出てふた月あまり。


とうとう咲いた!


ピンクの花びらに、黄色い細い軸。なんとも可愛らしい。
ところが相変わらず何の花だかわからない。ピンクやから桃か桜?
そこでプロに見て貰い、梅と判明。
桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿との言葉通り、枝の整枝をすれば咲くんやて。
なるほどねえ〜、あのぽきぽきで復活したのかも。

そうと分かれば早速鼻を近づけ、微かな香りにほくほくする。

通りすがりのご婦人が、まあ綺麗ね可愛いねええねえ連発。
梅かしらと尋ねられ、そうと答えるとまたひとしきり褒め喜ばれる。
最後にもう春やのねえと言い残して。

最近おばちゃんの姿をみると、条件反射か、びくついてしまう。
小心者ここに極まれりですな。まあ自覚してるから良しとする(笑)
おばちゃんが心から嬉しそうにみえて、私も嬉しかった。
大阪のおばちゃんのフレンドリィさ、好きやわ〜happy01

« さんむーい手がちべたいー | トップページ | 春節祭と女子の戦場 »

「0.いとうれしきこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さんむーい手がちべたいー | トップページ | 春節祭と女子の戦場 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ