« 手帳タイム1(改善と工夫) | トップページ | いつもの月曜日 »

手帳タイム2(色分け試行、実践)

使用色は、以下の通り。

1。オレンジ(または好きな色)-> 夢につながる行動
2。緑 -> プライベート、わくわくする行動
3。黒 -> 事実
4。赤 -> 重要、体調など
5。青 -> 仕事

そもそも色分けの動機は、一番は予約忘れ防止。
次に仕事案件の明確化。
新調した仕事手帳は工数管理が難しそうやし、
プライベートと一元管理した場合、ごっちゃになると困る。

ジブン手帳は前年11月から使用できるので、
2013年版に2012年12月分を転記して試す事にした。
これから起こることで実際に試すより、
確定した過去でするほうがどんな感じか早く掴める。


問題は、めんどくさがりの私が転記できるかってこと。

正月期間は時間がたっぷりある。幸い仕事始めもない(笑)
急ぎの買い物はなし、どこへ出ても混雑で行く気もない。
図書館へ逃避もできない。うう、めんどくさいなあ。


思いついた割にしぶしぶと、転記始める。


ところがですな。
この作業が意外に楽しく、夢中になる。
単なる予定や事実だったものが、色分けすることで変わる。

ああ、こない楽しいことしたんや。
これやってない思たけど、ちゃんとやってたんや。
この週は、就職活動に割いた時間結構あるやん。

さとうさんの手帳術では「ふりかえり」チェックがある。
確かにそれは必要やわ。
今までは、ふりかえったとしても特に感慨はなかった。
それが色分けするだけで、週の傾向が明確になる。
なるほどねえ。

« 手帳タイム1(改善と工夫) | トップページ | いつもの月曜日 »

7.手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手帳タイム1(改善と工夫) | トップページ | いつもの月曜日 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ