« 誠実であれ | トップページ | 棚フェス準備@忍びの棚田 »

病弱なヒーローと「うそうそ」

畠中恵しゃばけシリーズ。
つくもがみ貸しますが面白かった。
んでしゃばけ。表紙が可愛いなと続けて借りた。
こりゃ面白い!

慌てて棚の残りをさらってくる。

なんせ主人公ときたらいつも寝込んでる。
居場所といえばいつも離ればかり。
一生に一度と思い切って遠出したら攫われる始末(笑)
持ち込まれる些細な謎や事件の解れをゆるゆると解き明かす。
げほげほ咳き込みながら。
はりきって聞き込みでも思いつこうもんなら、
即座に本性が妖である兄や達にかいまきぐるぐるの刑。
「しよう」ではないのにご注目。心優しき虚弱な彼。

ふがいない自分が嫌で、暗い望みがかすめたら
そんな己の弱さを恥じるだけの気概もある。
滋養になると甘いもの、高じきな薬をふんだんに与えられ、
親や金に不自由せず恵まれた環境であるのに。
悩む事すら病弱な身でままならない。
そのもどかしさ。

妖達とのとぼけた会話も穏やかな日々も、
奇跡が起きてどれだけ丈夫になっても
いずれ置いて行かねばならぬ人の身の儚さ。

それらが上手い具合に混ざってもう絶妙。
音沙汰なかった夏の終わり頃夢中で読んだ。
心情的に重なるところがあったんかなあ。

うそうそが一番ぴったりきたかな。

しゃばけ」シリーズ第5弾『うそうそ』ってどういう意味?


しゃばけ (新潮文庫)Bookしゃばけ (新潮文庫)


著者:畠中 恵

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うそうそ (新潮文庫 は 37-5)Bookうそうそ (新潮文庫 は 37-5)


著者:畠中 恵

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 誠実であれ | トップページ | 棚フェス準備@忍びの棚田 »

5.本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誠実であれ | トップページ | 棚フェス準備@忍びの棚田 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ