« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

病弱なヒーローと「うそうそ」

畠中恵しゃばけシリーズ。
つくもがみ貸しますが面白かった。
んでしゃばけ。表紙が可愛いなと続けて借りた。
こりゃ面白い!

慌てて棚の残りをさらってくる。

なんせ主人公ときたらいつも寝込んでる。
居場所といえばいつも離ればかり。
一生に一度と思い切って遠出したら攫われる始末(笑)
持ち込まれる些細な謎や事件の解れをゆるゆると解き明かす。
げほげほ咳き込みながら。
はりきって聞き込みでも思いつこうもんなら、
即座に本性が妖である兄や達にかいまきぐるぐるの刑。
「しよう」ではないのにご注目。心優しき虚弱な彼。

ふがいない自分が嫌で、暗い望みがかすめたら
そんな己の弱さを恥じるだけの気概もある。
滋養になると甘いもの、高じきな薬をふんだんに与えられ、
親や金に不自由せず恵まれた環境であるのに。
悩む事すら病弱な身でままならない。
そのもどかしさ。

妖達とのとぼけた会話も穏やかな日々も、
奇跡が起きてどれだけ丈夫になっても
いずれ置いて行かねばならぬ人の身の儚さ。

それらが上手い具合に混ざってもう絶妙。
音沙汰なかった夏の終わり頃夢中で読んだ。
心情的に重なるところがあったんかなあ。

うそうそが一番ぴったりきたかな。

しゃばけ」シリーズ第5弾『うそうそ』ってどういう意味?


しゃばけ (新潮文庫)Bookしゃばけ (新潮文庫)


著者:畠中 恵

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うそうそ (新潮文庫 は 37-5)Bookうそうそ (新潮文庫 は 37-5)


著者:畠中 恵

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誠実であれ

誠実であれ、と浮かぶ。
アラン・コーエンの新刊を読んだらあったフレーズ。

今朝むむうっときた出来事。
さいわいすぐ昼休み、ひとりになって考える。
うーんなんだかショック。
過去のあれこれ反芻しかけてあわててやめる。
この習慣がそもそも落ち込みのもとやもんね。
いまショックなことと過去を混ぜ繰り返すからややこしゅうなる。

あれこれ浮かびかけたことケッと吐き出して、
さーてこれからどうする?

周囲のことで思い煩うのをやめたら、
展開が速すぎてあたふたしてしまう。
例えば、態度が目に見えて変わった人もいる。
何の働きかけもしてない筈。なのになんでやろ?

不思議やなあ。何を怒ってるんやろう?
ちらっと浮かぶけど、人の感情まで云々できないしなあ。
しかも直接何をした訳でも、もちろん言った訳でもない。
何かを伝えたいんかもけど、エスパーやないしわからない。
わからん自分を責めてたけど、そんなんもうええことにしたのw

やったといえば、家で皿を洗うときはちゃんとそれに集中する。
ああやったこうやった明日はああかもこうかも。
ついつい考える。考えかけたら即効キャンセル。それだけ。

「誠実であれ」

確かにそうありたい。一番に自分に。さ〜楽しくなってきたhappy01

祝日

朝からせっせと汚れ物、山盛りのあれこれ片付ける。
ありがたい祝日開館の図書館も恙無く利用。充実の朝。

さて、昨日の棚田むすびの会収穫!&居残り指導編をと
Macに向かうも。
外したキーボードほこりまるけにメンドウになる。
んもーととりあえず鍋を磨き、開かずの扉の拭き掃除と風通しをし。
何も入ってないのにほこりがたまるのは
まっくろくろすけがいるからでしょうかね?

結局どっちがよりめんどくさかったんだか、
判断着かぬまま買い置き食材の買い出しに走る。
とまあ、つれづれ状況報告に努めてみました。

もっかい外でて所用済ませたらその気になるやもしれん。
ではハバナイスデーsmile

月谷の棚田稲刈り&居残り熱血指導@棚田むすびの会

秋晴れの良き日。いよいよ月谷の棚田、稲刈りriceball
夏場は暑すぎで様子見パス連投やったので結構久しぶりに向かう。

待ち合わせ場所で最近の私の様子を心配した某御仁
すごい勢いで駆け寄ってこられた。
すわプロポーズかと思う程、愛溢れる姿やったheart01
ありがとう。朝から感動しました。式はいつにする?

おおーちゃんと実ってます。稲も稗も(笑)
稗はきちんと栽培したものと味は大違いらしい。
こんなにあるのに勿体ない〜
段全部刈る訳でなく1枚のみ。しかもバインダーなる文明の利器も。
人数も多いし楽勝やーんともう既に見学モード。

直伝された稲刈り注意点。
1。刃先は決して上にしない 
 → ゆびざっくり痕の証拠ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
2。親指にビニテを巻く  → 束をぎゅと抑えるとき威力発揮

私からの疲れない刈り方メモ 
1。鎌をぎこぎこ動かさない → 一撃必勝で迷いなく下へ
2。刃をいれたら軽く引く → 力をいれると疲れるから
3。腰を落とす → 中腰は疲れるから
4。手前から手の届く範囲を刈ったら一足で移動 → ものぐさだから

10束くらいさくさく刈り、期待のステキニューフェイス達に残りは譲る。
不得意分野「藁結束」はみっこさんに丸投げして早々離脱run
バインダーがどんどこ刈るし、一部分を残してはさがけして終了!
収穫おめでとう〜農家のみなさんありがとう〜

稗をぬきだしながらまったりした雰囲気のなか、真打ち登場shine
前述の刈り残しを黙々刈って見事終了!
給食を食べ残した児童のように(今時そゆ指導ないやね)、
先生がプレッシャかけーの、四方からカメラに狙われーの。
お疲れさんでした(*^ー゚)bグッジョブ!!

山から汲んできて下さった清水をいただいて帰る。
珍しくも皆で集合写真撮影してしまうほど楽モードやったけど、
こうやって色々お世話下さる農家さんと代表と会長、
集まった棚でぃすとのパワーの賜物やね。

太陽sunと月の光fullmoonをたっぷり浴びて善き実りが皆様に届きますようshine

涼風吹いたら

だいぶ元気になりましたhappy01
食欲もそこはかとなく復活してきたり、
むくむくと秋の装飾に意欲がわいたりでイケアいったり。
んで目当ての花瓶が定番じゃなくショック受けたり。
カーテン買って秋の夜長に相当がんばって裾揚げして
水通したら縮んで呆然とか。
タブスタイルの無地カーテン、昔はハンズしかなく、
なのに値段は1/3程度。
さすがIKEAと賞賛したあの時を返せ的な感じで。
でもあわせて買ったカーテンクリップは大変よろしいです。

あれこれ書きたいこと考えたこと溜めすぎてどうしましょう。
書くかもしれんし書かないかもしれないな。
こっそり記事がふえてたら書いたってことで。
macキーボードを外して直で打ってるので,
打ち慣れないってのも久しぶりの理由でございます。
直打やとカナ変換ができません。

そうそう折り紙マコモ紙で照明をいくつか変えました。
売れるかもしれんなあ、自画自賛。

今夜はおなかいっぱいなのでもうこのへんで。

アクシデント

晩に食べ過ぎて気怠く、休もかなとふと思う。
たいして仕事も無し、本日主要任務は湯吞み洗いと麦茶作り。
まあ当番やし、さほどでもないかと駅に向かう。

電車に乗ったらがくんと急停車。
しばし後に線路にむにゃむにゃな不吉なお知らせ。
この電車がということではなかったけど、
駅員がホームから降りて行き、バイトうろうろ救急隊駆けつけ、
警官やら鑑識やら俄に慌ただしくなり。これはもう動かんやろうな。
しかし閉じ込められてるのでどうしようもない。

うーんこれやったか。
ついてないかなと思ったけども、きっと一番ついてないのは
当の御本人であろう。気の毒になあ。

結構待ったあとで結局、ぎりぎりホーム内の車両から降ろされる。
初志貫徹して休もうかなと思いかけて、
違う路線から出社するのも悪くないかとのんびり出発。
揺れる電車に乗り梅田駅のスーパをほんの少し楽しんで出社。
不謹慎やから遠慮気味に小さい声で。
違う道筋はせいせいした感じで楽しかった〜

うふふな

新しい日の始まり。
そっかと腑に落ちたり、いろんなことあって
さっぱり落ち着いた気持ち。

仕事は何にも無い。ノルマさっさとこなすとこうなる。
雑務を見つけて淡々とこなす。
今まで退屈やなーとかしょーもないなーとか浮かんで仕方なかった。
やっとありついた職なのに、なんて傲慢なんやろうとか。
今日のところはまた違った気持ちで。
というよりそこへエネルギィをあえて使わない感じになった。
それに退屈と感じるのは、他人と比較してであれば傲慢やけど
そうでない場合もあるとも気付いた。

正面から朝の挨拶しても無視する人。
あらそうケッと流して以上!
帰りも同じく丸無視でサイン貰えず。
(帰るのに承認がいるのよ派遣は。驚き)
あらそうケッと他の人に頼んで以上!

他の人がいなくってサイン無しが溜まって
なんでやといわれたこともあったなあ(遠い目)
次同じ事言われても主張できる自信が戻ってきたかな。

相手の不機嫌につきあう理由もなし、
もう充分過ぎる程反省も自己批判もしたから
肋骨だか胃だかきゅうきゅう締め付けてたんやもんね。
もうちょっと自分に優しくすることにしたんやもーんcatface

うふふと笑みがこぼれるほど楽しくなってきたかも。
仕事が、でないのが残念やけどまあそのうちね。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ