« どっひゃー | トップページ | 黒魔術の宴たけなわ@サロン結す美 »

黒魔術の宴始め@サロン結す美

さあどこから書いたら良いのか。
そっと胸にしまっておきたい気もする。
でも勇気を持って記憶を記しておきます。

谷田先生のクライアントYさん。
数々の伝説を体現され、恐れ多くも拝謁の機会を頂いた。
及び腰ながら参加。料理も胃袋にも自信が無いし。
というのも主催者ブラックいちごさんが、
なんか強制熱心に誘って下さったため。
しかし本当のところ開催を熱望したのは某先生らしい。

持ち寄ったのと、直前に温かい料理を用意し御馳走完成。
増設したテーブルいっぱいに並んだ料理。圧巻。
携帯を忘れたので写真は無いが、本当にすごかった。

明確に参加人数以上の量なのは、なんの陰謀でしょうか。

白いご飯以外は主食でないとのルールのもと、
御丁寧に芋と米でむっちり仕上げた腹に溜まるおかず。
酢橘鶏とでっかいキャベツをどかどか煮込んだ大皿、
消化を促す大根おろし、春の解毒の浅蜊大盛り。
御職業柄「大量に意図的な」料理を作る親衛隊長。
もちろん主食の白米もたっぷり準備済み。

参加者も集まり、沖縄から弾よけ照喜名先生も無事到着。
どきどきしながら、賓客の到着を待つ一同。
既にテンションがおかしい皆さん。興奮してます。

チャイムが鳴った。声にならない歓喜を表す皆さん。

ご登場。

面白おかしい伝説からは想像もつかないほど、
柔和な微笑みを浮かべた品の良いご婦人であった。

ご挨拶や料理教室の説明などつつがなく済ませ、
食事会開始。あちこちで美味しい美味しいと
声が上がり、Yさんのお話を伺いつつ和やかに会は進む。
谷田先生の間の手もあり、時々むせる人続出。
必要以上に神妙な顔をしたいちごさんも印象的であった。
そしてだんだん無言になっていく照喜名先生。
あまりの美味しさに声がでないのかもしれません。

そろそろごはんもお出ししなくちゃね。
ここで親衛隊長が勝負に出た。
サロンには飯椀がなく、当然持ち込み。
用意した器に、いそいそとぴかぴかの白米をよそい、
先生方にお持ちするように言いつかる。

速攻拒否。断固拒否。
やはりそれは主催者の仕事でしょう。

やがて運ばれたごはんにうめき嬉しい声をあげる先生方。
ルールどおり、ちゃんとごはん食べなくちゃね。
紅麹入りの綺麗なちらし、浅蜊のスープをたっぷり吸い込んだ春雨、
前述のむっちり団子は主食じゃないもんね。

しかしまだまだ宴は始まったばかり。

« どっひゃー | トップページ | 黒魔術の宴たけなわ@サロン結す美 »

1.楽しきこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どっひゃー | トップページ | 黒魔術の宴たけなわ@サロン結す美 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ