« 痛恨のロハスフェスタ | トップページ | こもりっきり »

うまくできたときに限って

いつのまにやら家人に任せていた弁当準備。
すっきり起きた今朝はわたくしめが担当。

すっきり起きられる朝は、前日が大体いずれかのパターン。
1.食事の回数がゼロまたは1回。もしくは量が少ない。
2.就寝前の瞑想をする
3.肝臓のこんにゃく湿布をする
4.適度に日を浴びて、程良く疲れ充実した気分で寝たとき
5.顔と足、経絡のマッサージをする

土日は食事を抜きやすいので最近気をつけて試してる。
やっぱり根本的に食べ過ぎなんやなあと思う。

昼を抜くときは何かに集中していれば、
昼を過ぎてもお腹が空かないし全然平気で体も軽い。
それが平気でないとき。
緊張状態が続いたり、前日の食事内容による。
乳製品や甘いものをとったり、食べ過ぎだと、
昼過ぎに耳鳴りしたり疲れがひどい。異様に空腹を感じる。
あと日に当たりすぎてもだめみたい。

とまれ、弁当の話。
急にはりきっても、そうたいしたものはできない。
軽めに炊いた玄米。豆とコーンのマリネ。ごぼうのきんぴら。
ほうれんそうのごまあえ。ジャックと豆ミートの味噌そぼろ。
そぼろはパセリをいれたら、微妙な味やった。
でも私にしては副菜がいっぱいあって上出来やんと自画自賛。
意気揚々と包んで持たせ、自分も昼に楽しんだ。

のに。

急に調子が悪くなった家人は結局食さず。
持ち帰って冷蔵庫に入ってたのんを晩に食す。
む、空しい。

« 痛恨のロハスフェスタ | トップページ | こもりっきり »

2.おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 痛恨のロハスフェスタ | トップページ | こもりっきり »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ