« 時をかける少女 | トップページ | 痛恨のロハスフェスタ »

再確認する

朝からまたまた頼まれ仕事に駆り出される。
面倒くさいなと思いつつ片付ける。
ただ今までと違う流れを感じたので、それにあった対応にした。
少しでも良い方向に向かうように、いつ来ても嬉しくなれるように。

午後はある意味とってもうさんくさい場所に久しぶりに参加。
これはなかなか話すのに勇気がいることで、よって書かない(笑)
といいつつ、初対面で会った人に話した事もあるので
聞く人による、ということなのかも。
行くとあまりにへんで気楽なので楽しいのだけどね。

それはともかく、そこで自分の望みを再確認する。
こうなったらいいなではなく、こうなると断言することの難しさ。
浅見帆帆子さんの新刊にあった、目標設定型と成り行き型。
こう書くとニュアンスがちょっと違うけど、
熱く目標を持って驀進できるかといえばそうでない。
かといって全てを流れに任せ、達観して過ごすこともできない。
何もしていないのに焦りや不安を抱えてじたばたしている。

変わる最初の一歩が、自分がどうしたいか、どうなりたいか。

マクロビオティックでもここが一番要だと思う。
言い切ってしまうと、自分の気持ちや感じたから逃げられないので
とても抵抗を感じる。エゴもここぞとばかりに囁いてくる。

そんなことを考えながら、そこでいざ口に出そうとすると
まったく自信のない自分と向き合うことになるのでしんどいのね。
帰り際にももう一度口にする機会があるのだけど、
目をみてはっきり短く望む事をいうのって本当に気合いが要る。
私みたいなええかげんな人間には本当、ええ練習になります。

« 時をかける少女 | トップページ | 痛恨のロハスフェスタ »

4.考えたこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時をかける少女 | トップページ | 痛恨のロハスフェスタ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ