« こころはひとつ | トップページ | 思い立ったが吉日 »

土曜日

土曜日の朝。ちと寝過ごす。
洗濯、掃除、残り少なくなったUW関係の雑用。
昼前ほんの30分のつもりで図書館へ行き、
3時間後に腹ぺこややいらいら状態で帰宅。
一体何やってたんやろ? 時間経つのて早い。

そこで一気にだらけモードになり、
残った掃除雑用も放り投げ、返却期限のきたDVDをみる。

スターダスト。

脱力系ファンタジィ。苦しくてつらくて人生の岐路に立たされ
人類やエルフの存続をかけ指輪を捨てたり、ドラゴンと成長し、
愛を求めてダークサイドに落ち、なんてのがない。

主人公がやったことはただ一歩踏み出しただけ。
そのあと事態はころころと都合良く流れて行く。
最後の敵とも戦わない。運の良さだけである。
怪我した女性を鎖でつないで歩くようなひどいやつ。
1回目はなんじゃこれと思て、念のためもう1回みた。

うーん。おもろいやんか(笑)
監督の取材記事で、あえて肩の力を抜いて観られる、
そんなのを目指したといったようなコメントがあった。
確かに。ある意味腰も砕けそうやけど(笑)

ミシェルファイファーが役柄(魔女)に相応しい。
にっこりと微笑むととても可愛いのやけど、
冷淡で短気。策略も使う。チャンスは見逃さない。
でも浅はかなので一時的に得た美貌をすぐ衰えさせる。
それを維持するために必死で獲物を追う。
最後までベストを尽くし、敗れる。
この映画で一番がんばってるかもしれない。

好意的に解釈すればある意味深い。
古い価値観の時代が終わって、新しい意識の時代がきた。
それを示す感じ。
主人公は都合良く転がって行く事態にすんなり乗って、
一応当初の目的を果たす。
何かを希望したら悩まず、受け入れ、流れに乗り、楽しむ。
目的は果たすけどそれに執着しない。

古い時代の魔女は努力し、執着し、疑い、
イライラ過ごし結果を心配して焦る。

色々と考えさせられる映画かも(笑)

« こころはひとつ | トップページ | 思い立ったが吉日 »

1.楽しきこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こころはひとつ | トップページ | 思い立ったが吉日 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ