« ごきげん | トップページ | どっきどっき »

苺懐かし

ふるさとの訛りなつかし停車場人混みのなかにそを聞きにゆく

だっけ?うろ覚えやけど好きな句。
大事に残った苺をひとつぶずつ食して思い出した。

いまはそうしないかもしれないけど、
昔、うちでは練乳をかけたり、塩で洗ったりしてた。
缶の甘いやつ。もうあれをかけたいとは思わないけど、
厳しい母の目を盗んでたっぷりかけて食べたいと願ったなあ。

缶だとなかなかでてこないしね。穴を2つあけた片方から、
ふーふー必死に吹いたりしたばかものです。
もちろん直接口をつけたことでしばかれました。
今はスタンドチューブみたいなんで売られてるのをみかけた。
あれではたっぷりどっぷりかけられてしまうね。

パックからつまみぐいをして、
半分以上無くなり真っ青になったことも。
母のように塩で丁寧に一粒ずつ洗い、
へたをとるのがめんどくさいとざっとボウルでゆすいだら。
へたの下にごみがついてじゃりっとしたり。

水切りつきの苺専用の皿を西洋陶器の店でみて
なんと贅沢な!と驚いたり。その値段にも。

思い出す事も無かったことばかり。
398円でここまで楽しまれれば苺も本望じゃろう。

« ごきげん | トップページ | どっきどっき »

3.すきなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ごきげん | トップページ | どっきどっき »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ