« ティサーバのふた | トップページ | いまいち »

IamSam

奥様は魔女をお休みしてIamSam。

昼休みにプロジェクタでやってるのをみて、
久しぶりにみたくなった。
前みたときはいまいちだった気がしたので
そう感じたのがふしぎやったけど。

しみじみ良かった。
コメンタリでどうやって作られたかをみると
なるほどと思った。前とは違う印象。

ミシェルファイファの行動が自分と同じで
彼女のもどかしさや空回りに共感。

スタイル完璧、全てを持って成功している弁護士やのに
ののしり言葉が鋭く飛び出し、
常ににっこり微笑みながら、いらいらと焦る。
家族もうまく愛せず、職場でも人望のないリタ。

ルーシーの他は何も持たず、友人に囲まれて
雑用レベルの仕事をしながら
自分のペースを守って暮らすサム。

いつもの習慣を守って過ごしたい友人達。
ルーシーの成長や権利を守りたい児童福祉局。
こどもを育てたい里親。

それぞれ違う世界が対立して、お互いに譲らず
悲しい結果を呼ぶ。
ルーシーを選んだために友人からも離れたサムが
全てを失ってひとりで心の壁を作る。
紙の壁を作ったのはサムで、破ったのはリタやのに
現実には逆の作用を及ぼす。

そこからそれぞれの世界は少しずつ近付き
状況を変え、それぞれの色を変える。
前はここまで深くみてなかったかもなあ。
結構ぐっときた。

父親サムに対する不安を問われたルーシーのセリフ。

I need love。

私にも必要だ。

« ティサーバのふた | トップページ | いまいち »

3.すきなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ティサーバのふた | トップページ | いまいち »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ