« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

修行中

2日目。昨日よりましレベルまで習得。
というより暇だったので、余裕があったかな。
大きなポカは紅茶と書いてコーヒーをセットしようとしたり、
そしてそっくり忘れたものがあったり。
水とパンのサーブはましになったけど、
おかわりを聞くタイミングは難しい!
話の邪魔はあかんし、放置しても勿論あかんし、悩みどころ。


上客でもあまり態度の好ましくないお客様も多く、
こんなところでそうしてもしゃーないやんと思ったり。
いるんだよねえ、こういう人達。


休みの予定が急に出勤に。うううがんばれ〜

ウェイタ修行

本日より臨時のウェイタ修行。
ナイフとフォークを並べるのは全然余裕(当たり前やん)。
最初に年配の女性陣、ごてまくりなお客様がきて
混乱しかけたところへお客様の波がきた。
席番号やら伝票の書き方やらさっぱり覚えられず、
というよりオーダをとりながら書くのが難しい!
途中から戦力外を自覚してひたすら水サーブに全力投球。
忙しいシェフに確認をとって怒鳴られたり。
私てだめ!?だめだめなの!?と落ち込みつつ、
後片付けにも全力投球。
明日からは料理サーブといわれて泣きたくなったり。
ランチ資金がなく偵察に来れなかったのも敗因かな。
店の評判にも関わるから何事もおろそかにできないけど、
わーっとなったとき一歩引いて落ち着いて判断せなあかんわあ。
教わってない事を聞かれたら困るんやねえ。
待たされる不快もわかるし。がんばろ。

どろどろ

朝の憩いのひととき。俄に暗雲が立ちこめる。
まず後ろに年配の女性が2人。
おとなしい感じでなく、うーんやばめ?
でも比較的大人しいかな。どうやろどきどき。


今日の気候についてひとしきりおしゃべりして、
いきなり病気トーク開始。検診がどうの、乳ガンがどうの。
オバハントークは大体2、3種類でネガティブオーラ満載。
しかも声高やから煩くてしゃーない。
公共の場で病歴を披露するな。乳とかいうな。
でもまだ声も抑え気味で許容範囲内やったので我慢。


だがしかし。
本日サービスディにより、徐々に店内のオバ度が高くなる。
懐の淋しい求職者の唯一の贅沢、静かな朝の時間を返せ(泣)
つかサービスディにきてカフェに寄るなッ
いや寄ってもええけど静かに飲めッ


やられた。内心憤ってる隙に。
真横に団体様が(泣)


4人やけど破壊力抜群。
病気でないジャンルのオバハントーク開始。
そして私が最も苦手とするジャンル。


・・・。(1分経過)


・・・・・・。(2分経過)


・・・・・・・・・。(3分経過)
もう耐えれられないッ(泣)降参(泣)
浄化のスプレィをぶちまけたくなるくらい、
卑しい顔と声の色、仕草。
品性とは是如何に、ほんまええ勉強になったわ、ありがとう!

抗生物質

おやしらずを抜いたとき、抗生物質を貰った。
3日飲めば7日間効果があるらしい。強力。


いつもはそこまで念押しせんやろな医師も、
一度飲んだら途中で絶対やめちゃだめと何度も警告。


結構飲み始めてやめてしまう患者が多いんやろなあ。
そしてやめるときっと副作用が大きいんやろな。
内心びびりまくる。
できるだけ薬は飲みたくないのに〜


ひとつぶ出したけど結局飲むのは中止。
麻酔もあれだけ効きまくったのに、
体内でどんだけ居座るかと危惧して。


痛みも無く、痛み止めも必要なかったし、
予後も腫れるでもなく。
観察する限りとんでもないことにはならなかった。
ちょっと安心する。


必要も無い痛み止めを出すだけ出して、
不要なら飲むなってのが医療費の増大に繋がるねんなあ。
薬を出す前に相談するとか、人的作業や
形の見えない技術やサービスに関する保険点数は
低いと聞いた事あるけど本当かな。
(注意)
あくまで自己判断でなので真似しないで下さいね!

無限

見た瞬間久々に爆笑。「無限」て。
記事内容は深刻なんですけどね、勿論。
DVDでコントや笑える映画をみていないので、
あー笑た!な感じは久しぶり。

いやはやどうして一体こんなことに< 不二家
九星での暴露の年ももう終わるというのに、
最後のどでかい花火やね。

asahi.com速報より
引用開始---
シュークリームの細菌数「無限」 不二家札幌工場に記録
2007年01月19日13時50分
 不二家札幌工場の細菌検査記録を調べていた札幌市保健所は19日、同社が発表した6件のほかに、カスタードシュークリーム1件で細菌数が「無限」と記載された記録が見つかったと発表した。
引用終了---

すぐやる

心掛けてます。
どこがやねん!なレベルです、いまのところ。
それでも色々気づきがあり、提案者Qさんの発想に感心します。


ミクシィでコミュニティが発足したのが発端。
大きな事は全然やらずで、雑用レベルや少し考えたことを
アウトプットしたり。結構爽快感あり。
やること、やらないこと、やりたいこと、やりたくないこと。
それぞれ理由があったり、なかったり、抵抗、反発、
エトセトラ。
なんでもやりたいことを試してみる12月が終わったけど、
まだまだこれからか。
すぐやる、結構今日は頑張りました。

ひそかな楽しみ

たいしたことではないけどすごく楽しかった。
結構達成感があり、費用もかからず、
終わっておおーっと思ったり。
またやろっと。

KIMIKO先生ラブ

レッスンの休憩中に素晴らしい話をされた。
そんなときのKIMIKO先生は本当にきらきら光っている。
オーラが見えたら虹色やわ、きっと。
(そんなんあるんかしらんけど)
例えば今の自分になったきっかけのような、
何度か聞いた話でもその度に感動する。
なんでやろかと思うけど、じーんと何かが伝わる。


自分の運の良さについて、実感はいつもあまり無いけど
先生にお会いできたことは本当についてたと思う。


何度受けても、好きになるばかり(はあと)
いつもクラスは緊張するけど、同時にリラックスできる。
先生の指導の仕方も好きだ。


今はこれまた素敵な「KIMIKOの娘たち」、
サポートの先生方もいらっしゃるけど、決して任せきりにしない。
いつもそこここで感じるKIMIKO先生の真剣な眼差し。
改善ポイントを指摘されたり、
たまに褒められたりすると超嬉しい。小娘のようにきゃーである。
このタイプの授業が一番楽しい。
最近受けていた授業では、
いつもダメダメ感全開だったし。毎回すごく落ち込んだ。


先生の「ポジティブスイッチ」が学校の推薦図書になった。
この本は今までと違い、過去の失敗面や私的なつらい話もある。
それを乗り越えた経過が書かれていた。
推薦図書のマークがついたら大量に買って配るかな。


2月に講演会もされるそうで是非参加したいが、
経済事情が許さない(しくしく)。うう、行きたい。
プチレッスン付き。
全然更新しないのにいつもみて下さってる心優しい皆さん、
もし機会があれば是非是非是非参加してみて下さい。
美人になれます。


KIMIKO公式ウェブサイト
ポジティブスイッチ KIMIKO

ぐすぐす

1日を図書館と買い物と散歩で済ました後(隠居老人か!)
ハリーポッターと炎のゴブレットをDVDで鑑賞。
映画館で観て以来やけど久しぶりにみたら案外おもろかった。
家人の勧めるままに、どこぞでもろてきたチョコを
ひとつふたつご相伴。
強烈に甘く頭痛発生。心臓どきどき。ほんまに刺激物やなあ。


しばらく経って。
ただいま大変思考が憂鬱になっております。
半泣きモードというか暗い方へしか考えられず、
今の状況も過去も未来もひっくるめてブルー。
ネットでニュースをみればブルー。
4コマ漫画を読んでもブルー。
メールもブログもブルー誘発。
威力恐るべし。

テレビ

大晦日からDVDのついでにテレビを時々みた。
最近流行っているのは、ケータイと車と、ゲーム機と、
バーゲン期間なのがよくわかった。
一番凄いと思ったのは、家のバーゲン(買えるか!)


昨夜みた番組はアメリカの高校生が歌い踊り、
最後にダンスレッスン付き。
勿論一緒にやりましたとも(笑)
「よーしやったね、上手いぞ!」なんて
ヘンな吹き替えが面白すぎ。


高校生の雰囲気が結構面白い。
きっちり化粧してても爪のお手入れナシ、
はもっさり仲間らしい。へえ〜


DVDは自分で制御できるけど、テレビは合わせなきゃ
いかんのでとっても面倒なのもわかった。
見たくないCMや繰り返しもしつこいし。疲れる。
ここ数日で相当テレビを観た。ヘンな達成感あり。

初詣

今年は元日を外して地元の神社へ。
去年までは日付けが変わる直前別の神社へ参る。
高らかに太鼓を打って、礼をし、きっちり3つ
お願いするので時間がかかり友人に笑われる。
そのあとふるまいのお神酒と甘酒をいただく。
友人と焚火にあたりながらしばらく話して解散。
ここ数年のお決まりだった。
友人達が去ってから、数回ひとりで行ったけど
今年はなんとなく見送り。
今、わりと弱っているので耐えられないかと。


昼の神社はごみごみして匂いがひどく、ざわついてる。
落ち着かないし、儲けたるで〜な感じでぎらぎらしてる。
下鴨に行こうかと思ったけど、以前行った時、
いつもの静かな道にぎっしり屋台が嫌やったのでパス。

やっぱりいつもの夜のお参りのんがええなあ。
改まった感じや空気、うきうきした雰囲気と
いつも寂れている神社が静かに活気づいてる。
屋台も無いので甘酒の甘い香りと、焚火の煙くらい。
ばあちゃん達が湯飲みをざっとすすいでたり。

おみくじは吉と小吉。どちらも内容は同じ、がーん。
もう1一回引こうかと思ったけど恥ずかしかった。

のんびり映画

いつもどおりの朝を過ごした後、空いていたので映画鑑賞。
「大奥」
基本的に邦画はパスなので珍しいチョイス。
あまり「どろどろ」やら「ぶっちゅー」系も好かない。
途中で寝るかもと思いつつ鑑賞。


ナカマユキエて演技上手やなあ。
ぺったりした、失礼、シンプルな日本人顔やのに
目の表情が格好良い。感心しながら観る。
結構面白かった。


フジタマコトがこれまた渋い役でその名も。


奈良屋善右衛門(!!笑!!)


思わず吹いてしまった。
老獪な商人役で「へえ」の声も渋くラブリィ。
名は体を表す、などと考え一人でうける。
彼の仕事人とはぐれ刑事の演技が昔好きやったので、
おおーっと思ったがいまいちしょぼい役どころではあった。
他の役者さんも綺麗でかつ大変腹黒そうでなかなか面白い。
話はベタベタやけど画像も立ち振る舞いも綺麗やし、
まあまあやったかな。
ひょっとして「犬神家の一族」もやってたのかも。
石坂金田一が好きやったけど、ポスタの顔がぶよーんと
たるんでいるのであちこち悪くされてるのかもね。
スケキヨも久しぶりに観たいなあ。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ