« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

口喧嘩

目の前で繰り広げられたけど口を出さず。
親子のそれは、(こちらに関係や原因が無ければ)
単にじゃれあってるようにしかみえない。ほのぼの
もう充分なおっちゃんやけど、彼女には小さい息子にしか見えないんやね。

夏柄のてぬぐい

入梅もとうに過ぎてるので遅ればせながらの夏支度。
かまわぬの枝豆と魚を2枚ずつ購入。夏はあっさり柄で。

台所の春柄てぬぐいは風呂用におろす。
バスタオル派にはお勧めしないけど、
梅雨でもからりと乾いて清潔やの。ボディスクラブにも最適。
一組はトイレへ。ファブリックもあわせて替える予定。
しまった。トイレは緑系にするつもりやったので、
台所っぽい枝豆はトイレ行き?また買い足すか悩まな。

久しぶりに

目が合ってにっこり。その曇りのなさ。
朝からしみじみと嬉しかったな。

新しいブレスその弐

最近の大掃除の最中に欠けちゃった(しくしく)
作ってくれた友人に修理を依頼。
格安で欠けた部分だけ取り替えてくれた。
前のんは濃い目の黄色で今度のはレモンイエロー。
うっとおしい季節に爽やかな色。他の石も透明度を増してる。
きっと何か調整してくれたんやろと、とても嬉しく常につけている。

が。良く考えたらもうひとつのブレスが無い。ざー(血の気の引く音)
い、いつからしてなかったっけ、私 !?
腕が痒くて置いといて、どこやってんやろ?
まさかまさかよそ宅のカオスに紛れたんじゃないよね。
自分のうちもいつのまにかがらくただらけなので、
きっとそのへんにある筈よね!? どきどき

ちゃあしゅうめん

よく通った地元の店はおっさん御用達。店のおいちゃんも気さくで感じ良い。

久しぶりに食べた。相変わらず美味しいねんけど。
肉の味てこんなんやったかなあ、やわらかくてじゅうしぃやけど。
噛み締めて味わうともそもそ、違和感。
澄んだスープ、前は薄味に感じたけど、ごっつい肉と野菜の味がする。
全体の量も物足りなかったのに相当苦しい。

そして見事にお腹壊しました(しくしく)
気紛れに過去を懐かしんではイケマセン、やね。

日曜日は市場に出掛け

蛍光灯と電球とトイレ洗剤数本と詰め替えパック山程
買って来た。テュラテュラテュラテュラテュラテュララ♪

先日来の他所様掃除の一環。電球在庫調査、発注、交換。
切れた蛍光灯があちこちから出没。回収し廃棄。
明るくなって気付いた替えるべき場所の多さにぐらり。
在庫管理表を作り始め、ついついテーブル設計する自分に、
DB設計者の職業魂をみた。PCがあったらシステム組んだるのに。
合間にあちこちからがらくたを間引いてこっそり捨てる。
ゴミ袋が何個もみるまに積みあがる。満足満足。

今日のご褒美は巻き寿司各種♪めちゃくちゃ美味しいねん♪
でもそれよりも、どんどん片付いて風通しが良くなると、
気の通りが良くなる、これほんまやなと実感できるんが
なによりのご褒美やね。単純作業やから成果がすぐに出るし。
しかもあちことから小銭がでてきてリアルドラクエもしくは
スーパマリオのコインGET気分も味わえる。おもろいわあ。

井戸端会議@大阪

都合が会わず参加できないので
お会いしたかった面々にご挨拶して退場、の作戦で張り込み。
土曜日のアメ村は激しく人が多くくらくらするわ。

なんとかお会いできて乾杯まで図々しく居座る。
でもなかなかあちこちで話が弾んで飲物決定まで進まない。
お店の方が気遣って下さって、早く帰られる方がいらっしゃるので
お飲物を〜と声掛け。主賓でも参加者でもないのに(笑)ありがたい事。
めでたく乾杯して退場の用意。
私の分を全部食べても良いからおればいいやんと引きとめられ、
優しさにほろりとさせられたが、うっかり乗ると朝まで生会議(笑)。
また次回と後ろ髪を引かれながら退場。
素敵な女性ふたりに店を出るまでじっと見送られまたほろり。
胸が熱くなるやん。じーん

皆さんとても和やかに楽しそうにあれこれ話してらした。
どこでもそうやけどとっても和やかで、初心者だから、実践してないから、
そんな遠慮は無用、誰もが大事な事しょーもない事色々気軽に話せる。
hale haleの料理も最初の数品しかみなかったけど、
とても気を配って作っておられた。どのスタッフも本当に感じが良い。
8月?にクローズするのがとっても惜しい。

 hale hale organic cafe

+b(プラスビー)旬のサラダ

昼に買出し。商品がだいぶ夏らしくなってカレーやデザートに目移り。
食の乱れを反省するためにも一番不足しているものをチョイス。
旬のサラダ¥680円ナリ。
どでかい。何人分?持つとずっしり重み。サ、サラダやのに?
少なくともうら若き女性のひとりランチには多すぎ高過ぎか。
ファミリィ向きやね。しばらく各商品の量についてあれこれ話す。
計り売りの惣菜は50gもOKになったらしい。
ランチやったらちょこちょこつまめるのんがええもんなあ。
色々食べてみたいし。

とりあえず半分残業食にするからと懸念の声を振り切って購入。
帰りもえらく重かった。早速食す。
真ん中に国内産わかめどっさり、玉葱のスライスが散らしてあり、
いんげん、スナップえんどう。アスパラ、ミニトマトが上にざっくりと。
うすいえんどう豆にコーンがちらほら。
てっぺんにご丁寧に飾り切りしたラディッシュがちょん。
芸の細かさに感動。テイクアウトの惣菜でこんな凝ってるのん、
いかにも一所懸命な真面目さが伺える感じ。

わかめはわざわざ国内産と銘打つだけあって、肉厚でぷりぷり。
アスパラの固さやスナップえんどうもちゃんとぽりぽりしてて、
混ぜて食べるとどれも食感がちゃんとあって美味しい。
ドレッシングはからし、味噌、玄米酢、甜菜糖。
ちょっときつめの辛さやけど夏向けにアレンジしたんやろな。
半分食べて相当満腹。ごちそうさまでした。

大丸心斎橋 地下惣菜売場 +b

キャンドルナイト

夏至の8時から参加してみた。
無印良品のアロマキャンドルを補充し、軽めの食事も準備した。
あちこちの電気を消し、キャンドルを灯す。おお、良い感じ♪
今日は普段遣いと違いやや大盤振る舞いで灯してみた。

食事を始めると、すごく集中するのに気づいた。
なんせ周りは見えないし、本を読んだり(失礼!)、
置いてあるものに注意を向けたり気を散らす事が物理的に出来ない。
なかなか良いものだなあと実感。
隣近所からTVの雑音が入るので、音楽だけ低く流していたけど
暗闇から色々な物音を感じるのも面白かった。

食事を終えても洗い物や掃除はする気にもなれず。
キャンドル持ってしばしうろついてテーブルに戻る。
しばらく放っておいた本の感想や手紙をのんびり書くことにする。
「蛍雪の功」の根性に感嘆しつつ書き終える頃、タイムオーバ。
沢山灯したのでやや暑かった(笑)

暗いなかひとりで何やってんねんなんてつっこみはなし。
たまには世間のイベントに参加せねば女子力が低下するやん。

Candle Night Summer Solstice 2006

あらびっくり

くしゃっと紙くずの様に落ちていた1000円。
誰のん?と拾ったらその先にもひとつ。
折りたたまれたそれを開いたらもう1000円。計3000円也。

ちなみに落ちていたのは人がびゅんびゅん通り過ぎる道のど真ん中。
誰も気ぃつけへんもんやね。確かにごみだらけやったけど。

犬洗い

梅雨の晴れ間に犬洗い。
今回は共同作戦「飼い主によるシャンプー液ぶっかけ」を
「単独で固形せっけんを直接塗りたくる」に変更。大成功。

液体はぶるっとされるのでなんぼかけても追いつかないが、
固形だとそうならんので汚れがよく落とせた。クエン酸リンスでふわふわ。
かん毛でセータが編めるくらい抜けまくるん少しマシになったか。

体メンテして何やってねーんなつっこみはご遠慮下さい。

メンテナンス日

肩こりと目の疲れでうつ傾向になるんやって。確かに。
ここんとこの思考回路はネガティブやったなあ。

渾身のマッサージと整体をして頂いた。
個人のサロンで大きく宣伝してないにも関わらず
予約がなかなかとれない。リピータ多しの理由は明快。
こんだけ丁寧に心込めてやって貰えたらよそには行けまへん。

コチコチの老廃物を相当流したらしく、あちこち柔らかくなった。
特に下半身のカチカチが無くなって肌触りがもう。
ぷるぷるやわやわなパンのような弾力やし。触りすぎて痛くなった(笑)
ヒップラインを確認してねと言われて鏡を見る。だ、誰の尻?すげ!
このままで通りを練り歩けるよ!!な上がり具合。
靴を履こうと座ったら、ジーンズがするする脱げる(笑)
ひっかかってた肉は実は老廃物やったのか!と玄関先で驚愕。

肩あたりにはまだまだ頑固な老廃物が居座ってるみたいやけど、
少なくとも体動かそうって気が復活したのは有難い。
次回はできるだけ早目にメンテナンスしよう。
せるてんさん(施術者)には足を向けて寝られへんわ♪

追加。
もしせるてんさんがまつげパーマを勧めてこられたら試すと吉。
か、顔が違う!?というか視界がぱーっと開けて仰る通り気分が明るく。
あと終了後お着替えの時、鏡の前でうっとりしますので
デジカメ持参だとばっちり証拠を撮れて良いかもしれない(笑)

ダイレクトリンパマッサージ セル

奈良といえば

鹿。鹿鹿鹿。何度見てもシュールな光景やんなあ。
昔みやげものに鹿の落とし物を模した想像を絶するお菓子があったし。
奈良人は懐が深いのんかも。

公園で財布から小銭を出した瞬間、鹿せんべいを手渡された。
いつ近付いてん、せんべ売りのおっちゃん!?
売り場から遠いのにゴルゴ並みの視力か。
慣れた手つきで鹿を追い払いつつ、悠々と去る。

鳩の如くわらわらと集まってくる鹿。ひー
昔はお辞儀をして礼儀正しかったのになあ。
何もせんとがっつくだけ。おもんないなあ。

せんべい売り場付近をしばらく観察。
ちびっこは鹿の勢いにびびってせんべいを放棄。
買ったせんべいをこどもに渡そうとした母が鹿に囲まれ、
フォローに入った父も同じく囲まれパニックに。
外国からの観光客が鹿の顔面アップを狙おうとして
デジカメを食われかけ。何でも食うんか。
(からあげ弁当を食われたと聞いたな。恐)

男性が一頭をせんべいで釣り犬の様に散歩。
ちょっとおっちゃん得意げ(笑)
せんべいが消えた途端離れた鹿にはうけた。
奈良公園、なかなか楽しかった。

真夏のハイキング

そんなん自殺行為やろ。いえいえけちをつけたりしませんとも。
お口にチャックで大人しく下見に参加。アウトドアに弱い私(しくしく)
そこの管理人にも「夏に?そんなんやめとき!!」と言われる始末。
炎天下、虫、ひととおりお説を拝聴した上で回ってきたらとコースへ。
下見やから予想どおりの展開やけどつらかった。
暑くても長袖は脱げないし、普通の散歩で充分やわ。
山は遠くから眺めてるほうが良いわ、都会っ子だから。
住んでるとこは田舎やけど。帰ったらごっつ疲れた。

井戸端会議@なら菜一輪その四

2階の座敷に上がって洋間組と合流。
デザートの甘酒寒天も食し、さてお話をという時に思わぬ伏兵。
母御が料理を味わっている間、ぐっすりお休みになっておられたご子息。
なんとも母想いなその子は食べ終わったらお目覚めになった。

おめめぱっちり、か〜わ〜い〜い〜♪(本日2度目の)きゃー♪
孫溺愛ババに変身。
これは遊ばねばなるまいと美肌の姉御と再度結託して健闘するも、
若人に負けた。というより、一人遊びがとっても上手でお呼びでない。
盛んに母と周囲の物の間を行ったりきたり、邪魔な物はスルー。
探求と報告を根気良く繰り返し、婆のはいる隙は無いのであった(しくしく)
機嫌よう遊ぶ子やった。動作もいちいち愛らしい。

ついでに彼のすばらしく素敵な排泄行為を失礼ながらギャラリィが観察。
良い食事をして育てられたその子のそれは全然匂わず、
また母御が嬉しそうに心から誉める。生まれてから便秘したこともないそう。
上手に育ててはんねんなあと感心。
マクロビベビィ(といって良いのかわからんけど)てよく聞くけど、
こんなええ子やねんなあ。勿論お母さんも相当素敵な人やけど。

年下男の魅力にめろめろになっているといつの間にかお開きの時間。
違う世界ではわりと真面目な会話が交わされていた模様。
名刺もお話もほったらかしやけど(笑)実に充実した時間を過ごせた。
まあそういうのんもありなのが醍醐味やね。
お話できなかった方々また違う機会によろしく。

井戸端会議@なら菜一輪その参

正解は噛む順。
人数が多いのに助っ人が来ず、オーナ一人だと配膳時間に差が出る。
それを顔を見て、よく噛みそうな人とそうでない人を見分け、
食べ終わるスピードが同じになるようにと。
実際は想定どおりではなかったけど、
手が回らないなりに工夫してそこまで考えられたのだなと感心。

最後に玉葱のスープ。そばちょこにほんの少し。何故かと言うと。
ここまでに玄米やおかずを相当噛んでいる。待つ間お茶も飲んでいる。
そこへ椀になみなみと汁物を供したら、水分が多すぎてえらいことになってしまう。
なるほど。確かに程よい治まり具合だった。お腹がじんわり温もった。

ひと段落してから色々聞いた。
ひとつひとつの野菜にもストーリィがあって(これは〜さんの、あれは〜で採れた物)
手間を惜しみなくかけて下拵え。例えばぷちぷちした食感のため、
おかひじきの芽だけを前の晩に黙々と摘んだとか。
ひじきも炊き込んでも大丈夫な部分だけを選りすぐって摘む。
ピュレは丁寧に丁寧に裏ごしを繰り返してすべらかに仕上げたそう。
通常の予約よりも大人数だからフードプロセッサでガーッ、などなし。
普通のお店のような素早さはないけど、ひとつひとつ丁寧に、
箸先まで気をこめて調理される。そうそう調理中も音がほとんどしなかった。

井戸端会議@なら菜一輪その弐

次に玄米とひじきのパエリア、ひよこ豆のサラダ、さやえんどう煮。
パエリアは最初の炊き方と変え、カムカム鍋でもっちり炊いてから、
炒めて更に炊いたんだったかな。糠の香りがする!?と盛り上がる。

サラダのドレッシングは自家製甘酒ベース。
日の温度や湿度によってアレンジを変える。こってりクリーミィ。
賽の目に刻んだ根菜もそれぞれ下味が付いていて、
梅酢に漬けて甘みを出した赤玉葱が甘い。
豆や具材がそれぞれぽくぽくしゃくしゃくきゅっきゅな対比で楽しい。
よく考えてるなあ。

飾りにあしらったルコラが鮮烈な風味でびっくり。
葉の形も普通のと違うし、何か分からず聞いたくらい。

面白い話を少々。この皿を供するとき、端から順でなくばらばらと出された。
さて何故でしょう。

井戸端会議@なら菜一輪

奈良公園を成敗したあと、ぶらぶらと町並みを眺めながら向かう。
普通の民家で町並みに同化しているのでわかりにくい。
看板も目立たないようにひっそり掲げてあった。

入った途端、滅多に出ない「きゃー」な佇まい。
どこもかしこも隅々まできちんとしつらえてあって、
さぞきっちりしてらっしゃるオーナな予感。
洋間の可愛さと言ったらもう。
(後におっちゃん立ち入り禁止令を出し、
お着物や部屋に似合う妙齢の女性を配置。
それはそれは素敵な眺めで晩餐会といった趣)

低い木のテーブルに座ったがこちらは寛げる感じ。
料理は梅酒や会話を楽しみながらのんびりと。
食前酒の自家製梅酒に、蕗の葉をあしらった皿に前菜。
ややもっちりの玄米、グリル人参ぴり辛の蕗味噌(?)添え。
おかひじきと羅臼こんぶ和え。
梅酒がきっぱり甘いからか、濃いはっきりした味。
酒の肴風かな。さぞ酒がすすみそうな感じ。
昼酒を飲んだりしない心穏やかな集まりなので(笑)、
玄米ごはんで食す。おかひじきのぷちぷちが楽しい。
食し終わって、しばらく話を楽しんだ頃、あげ湯葉の小鉢。
グリンピースのピュレが旨くて無言になった。

またしばらく談笑。
となりの部屋では部屋に相応しく優雅に談笑しながら、
きちんと噛んでらっしゃるのでお時間をずらしますねとオーナ。
全然急ぐ事のない会話を主とした集まりなので問題なし。

初対面の若人に親しんで貰う雰囲気作りのため、
美肌な姉御と共同戦線を張り、東京の御仁を肴にする。
さぞ有意義な会話をして盛り上がったのねと言われたが
実は大した事はなんにも、泣いて走り去りそうな
恨みがましい目線は少々感じたけど(笑)
楽しげな雰囲気に若人の緊張も解れたらしく、
希望に溢れる初々しい話も色々聞けた。良かった良かった。

冷房

寒い季節がやって来た。
飲食店はどこも必ずキンキンに冷やし半袖で寛ぐ客達。
寒ないんか?
お冷やも名にふさわしく冷え冷え。氷たっぷり。
「がたがた震えんなあ、寒すぎやし、水飲んだら凍死するかも」
「めっちゃ寒すぎやん、あったかいもん食べさす作戦やな、さっむー」
メニュを見ながら喋っていたら、ちょうど通りかかった店員。
「お、お客様申し訳ありません!低すぎましたでしょうか!?」
めっちゃ慌てて平身低頭し、温度をあげに走られちゃった。

まあ快適♪

じゃなくて、別に耐えられん程でも無かってんけど。
そんなにきちんとした店でもないのに(失礼(笑))良い対応。
あまり気持ち良くそうしてくれる店は少ない。スタバくらいかな。
従業員の教育が良いんか、彼の気が利いたのか。
大変気持ち良く過ごせ感謝。

これから日傘や防寒具や脱いだり着たりでややこしいねん。
家は暑いので来客は逃げ帰るか扇風機を持参するけど、
自分は結構平気。暑いけど温度差が無いからなあ。
バカンスに行くか、ずっと家で寝ときたい季節到来か。

私のアウトドア

よそ様の庭の手入れ。ガーデニングか?
少々空いたスペースにアスパラをもうひと株移植。
前に移植しておいた株がどうも元気が無い。
日当たりは良くなっても、いまいち環境がよろしくないのね。
誰も可愛がってくれず、私か同じくボランティアがたまにじゃ枯れるわな。
数を増やして庭のオーナにプレッシャをかける作戦。あかんかな。
せっかく根付いた山椒に虫が!絶対出てくるねんな、このいもむし。
ああ平和、暑ないし、動かんでええし。やれやれ。

初梅田はがくれ生じょうゆうどん

行ってきた。2日連続で(笑)
大将「おねえちゃん昨日もおったなあ?」
やや怪訝な顔しながらも嬉しそうにしてはった。
オンナノコ(!)には大サービスやねんて。
2日目、自分で薬味を作法どおりのせたら大将にこにこ。
「よっしゃよっしゃええでばっちりやで〜!」おもろいなあ。
実はしょうゆは上手く2往復半できひんかってんけど。

何年も行けなかったので、念願かなったかな。
ちゃんと美味しかった(笑)ので良かった。
まずかったら大将のマシンガントークに文句つけたかも。
まあ、周りの常連さんに袋だたきになるけど。
店の兄ちゃんはマニュアルトークでいややったな。
目が笑ってないねん、大将と違って。けっ。あかんなあ。

どれもこれも美味しそうでもっと空いてたら通うのになあ。
もちろんおあいそのとき「はい、600万円ね!」とべたべたぶり。
機会があればぜひ。構われるのが嫌いなひとにはあかんね。

しろがねを髪に戴かずとも

「花よりも花の如く/星霜を髪に戴き」を洒落てみる。
お能を題材にしたコミック。能修行を通した主人公憲人の成長物語。

能の演目「蝉丸」。
髪が逆立ち高貴な身で在りながら庶民に笑われる姉宮「逆髪」。
物狂いとなってもその誇りを忘れず
悲惨な境遇の弟宮とも馴れ合わずひとり己の道をゆく彼女。

憲人はそれを賞賛。弟弟子にも同様に自分の道を貫いて欲しいと願う。

話がずれた。そんな大層な話ではなく、スーパに北尾の「手亡」があった。
「銀」がついたんは善右衛門さんが使っておられたけど、
無いのんでも売ってるのんを初めて見る、と購入。
ゆでてみたら何とも可愛らしい小粒で、まっしろでしわひとつない。
か〜わいい〜♪と眺めてガラスの器にとる。残りはゆで汁にとうもろこしを足して味噌汁に。
どっさりとうもろこしを入れたので色合いが何ともメルヘンチック。
漆の赤に、とうもろこしの黄、手亡の白がちらちら。
か〜わいい〜♪となどと時間を無駄にせずさっさと食す。
小さいこどもに出してやったら喜びそうな甘さやった。食感も良し。

花よりも花の如く/成田美名子

「蝉丸」/響の会

Can Chamomile do a march well?

好きな人にはたまらんけど、この世界観はわからんかも。
「綿が出ておる!」滂沱。綿て。綿で泣かすな。
じっくり読むと深すぎて電車で読んでてももじんわり来ます。

「船を建てる」も最高やった。絶版やけど。
やたらに色々文庫化するんやからぜひこれを希望。

おたまじゃくしが問う。初めて足が生えたときのことを覚えているかと。
児童文学でもなく少女コミックのジャンルでこの質問。
天才やわ。

鈴木志保 ヘヴン・・・

ゆうやけ

透き通った淡いオレンジのまんなか、きんいろに輝くおひさん。
薄い水色に浮かぶ雲間の灰色。陰影の素晴らしさに絵心の無い私も嘆息。
あんまり綺麗で何度も見てたら視界に白い星が点滅。こどもか。
鬱々としてた気分を忘れる程。ええもんみました。

なんでも風水の先生が仰るに今日地球の波動がシフトアップしたそう。
簡単に言うと願いが叶い易くなる。良きも悪きも同じ。
だから日々明るい想念でいるのが何より大事との事。

九星の象意「秘密が暴露される」事件も続く。やれやれ。
そんな暗いもんに引き摺られないよう毎日明るく楽しく過ごしましょう、
と上手く切り替えられへんから悩むねんなあ。修行が足りん。

ここ数日

皿を洗うかよそ庭を掃除、はたまたその隣の草むしりをするか。
犬をあいだに構ってとても休日らしく充実。
でも自分ちの観葉植物の植え替えもしたいねんけど。

だからテレビはやなんだよ

久しぶりにニュースでもとつけたNHK。
「好きなものだけ食べたい〜小さな食卓の大きな変化」
こどもに広がっている食事の問題に焦点を当てたもの。

・バラバラ食(家族と違う物を食べる)
・だらだら食(好きな時間に食べる)
・切り札食(牛乳や野菜ジュース等良いと思われる単品が
 食事の内容に関わらず必ずつくもの)

銚子市本庄小学校でこどもの食事を毎日写真で記録し、その結果を分析。
分析機関により食事の栄養面の分析結果と改善指示をした。
勿論テレビだから悪い面を特に強調したに過ぎない。
衝撃的な結果のみ追ったのは当然。

でも。
コンビニで買ったおにぎりと炭酸飲料。肉まん。
食材が無くてたまたま続いたんやろう。
カップやきそば。きっと事情があって仕方無く出したんやろう。
ドーナツ、チョコバナナ、ベビースターラーメン、スナック菓子。
せめて何か食べて行かせなければと思ったんやろう。
そう必死で打ち消したくなる朝食メニュ。

煮魚や野菜の煮物をよそに自分だけレトルトの豚丼をかけるこども。
「神経質になっても良くないし自然に直る」と母親、
「食べないから」とあっさり祖父母。
色々努力されてその状況になったんやと思う。でもあまりにもつらい。
皆が手作りのごはんを囲む横で、こどもだけ冷凍食品や半調理品。
それが良くてそれが好きなこども?本当にそうなん?

1週間入院して食生活改善に取り組むこども達。皆丸々。
生活習慣病の手前。ペットボトルを抱え直にがぶ飲み、
野菜は食べない、改善の事情は色々。
入院中朝食で野菜を強要され反抗的に言い放つこども。

「脳こうそくで死んでもいい!」

なんてことを。そのあと一人で静かに涙を流すこども。胸が痛くなった。
テレビがそこだけ撮ったんは重々承知。あざとい。
でも食事を無理矢理させられてそんなこと言うなんて。
こどもがやで。自業自得好き勝手やってきたおっさんちゃうで。
なんと悲しいことやろう。こども達がかわいそうで落涙。
ほんまに悲しすぎる。つらかったやろう。

そら嫌やろう、今まで食べんで良かったんやもん。
そんな急に栄養素を重視した冷たい野菜サラダ、くったりした
ゆで野菜やらごはんを朝からがっつり食べんの無理やろう。
1リットルペットボトルの茶を流し込みながら食事できひん。
食欲無い。あたりまえやん、そんな体で朝からお腹なんか空くかいな。

こどもにとって楽しい筈の食事が、こんな風になってしまった。
それだけがむちゃくちゃ悲しいだけ。滂沱。
一場面に過ぎなくてもこども達はすごくつらそうで胸が痛んだ。
あのこらは一杯の水が美味しいと思ったことはあるんやろか。
誰かが心をこめて入れた茶を飲んだことはあるんやろか。

マクロビオティックを勉強して基本は愛だと学んだ。
食事は栄養ではなくエネルギィを取り込む。
良い波動を伝える為に全ての所作を行い、食べる人の為の食事を作る。
細かい事は結局どうでも良くて本当に大事な事はシンプルやのに。
悲しいことにあのこらの周りにはそれが欠けてた。
あのこらが今どんな状況であれ
あんな追いつめられる事ないよう祈りたい。

ああもう何の気なしでテレビみるなんてもうせえへん。
問題意識の低そうな働くひとり親家庭だけピックアップした
番組制作者は配慮が足りひんし、あざといわ。
そういえば前同じ趣旨の本を読みショックやった。
これもNHKやったんか!これも相当きっつい本やった。

知っていますか子どもたちの食卓—食生活からからだと心がみえる

フローライト

迷いを断ち、自分らしく生きる。なんとなく気に入って購入。
丁寧に清め気をこめて下さる。可愛がるとつやを増すそう。
淡い緑で懐かしさを感じる。

わかった。ソーダ瓶にはいってたビー玉やん。
昔は全然とれへんやつばっかりやったのに、
最近見かけるのんはキャップを回せばご親切にもすぐとれる。
そうなると収集する気は失せるよなあ。

どうも数日前からココログが不調らしい。アクセスも記事アップもなかなかできない。
何度もトライしては記事が消えるので状況によってはしばらく休むかも。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ