« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

おつきあい

内気で恥ずかしがり、引っ込み思案な俺なので
滅多に自発的な新規の付き合いはしない。
多少あった義務から発生したそれらも最近は激減。
親しい友人が遠方へ転居したことも影響した。
休日はほぼ隠居のような穏やかさ。
そこへいきなり10時間連続で
何人もの初見の方と挨拶をし、色々興味深い話を聞いた。
我ながら驚き。体力ようもったなあと感心。
最後はさすがに眠気に襲われたけど好きなことやといくらでも
夢中で話をしたり聞いたりできる感覚は長いこと忘れとったなあ。
急遽お泊まり敢行組は更にその上を行くのだからすごい。
将来有望なKeyPersonらやし。末席を汚せて光栄やわ。

さすがに本日午前中は開店休業状態。
徐々にいつもの平穏さを取り戻したのは午後になってから。
お会いした方々のパワーに翌日まで圧倒された。
風水で今年は動かなければ運は来ず、九星気学でも
動くと電光石火な年回りだそう。
確かにそれを意識させられた一日でしたわ。お疲れ。

善右衛門的Buffetその弐

本日準備して頂いたスイーツは2種。
くるみたっぷりのりんごとさつまいものスパイスケーキ、
ぽんせんクリーム添え。そら当然やろの本豆餅。
くるみがサクサクして中はしっとり。
景気良く分厚く切って下さったので充分堪能。

ご好意の差し入れでroseancientさん謹製タルト2種。
かぼちゃを薄くスライスしたものをらせんに重ね、
つややかなてっぺんにスターアニスを飾られていた。
やや甘めで薄くかりっとしたかぼちゃの食感と
中のかぼちゃペーストの対比が楽しい。
銀手亡、小豆、黒豆の豆タルト。
こちらは軽くさっくりほろほろした素朴な感じ。
どちらも繊細で美しく、そして美味しかったです。
ありがとうございます。

善右衛門さんのケーキに歓声をあげ集まった女性陣が
まったく衰えることの無い素晴らしき別腹加減で
再び歓声をあげて素早く熱心に食されていたのが印象的。
普段甘いものはあまり食さないので感心するばかり。

大丸心斎橋+bイチゴシュークリーム。
とっておいて、終盤戦で穀物コーヒーと食した。
これも美味しゅうございました。
卵を使わない皮の作り方は企業秘密だそう。
普通に売ってるやわらかタイプな感じのシュー。
何でできてるのかクリームもあっさりして美味。

もう数カ月分くらいのスイーツは食べたので、
豆もちはお持ち帰り。いやー食べた食べた。げふ

善右衛門的Buffetその壱

ささやかな集まりのためにご配慮いただき本日貸し切り。
GW初日の京都、遠方の方々やお店にとっても
ここを先途な1日やろうにと申し訳なさも感じつつ
嬉々として参加 <いいのか?
いつものおばんざいをBuffet形式で戴いた。

遅くに参加する予定が、直前に変更になった。
食事開始の絶好の頃合いに到着。恥ずかしがりやし
食事に没頭(悩殺?)されてる皆さんのお邪魔をするのもと
挨拶もそこそこに早速取り皿を確保。

シンプルな玄米ご飯。おからとかぼちゃをそれぞれ炊いたんが2種。
彩りが三度豆ごま和えと人参。あらめビーフン。
季節物に筍煮と玉葱と白花豆のエスカベッシュ。
根菜の入った味噌汁は茶会席の椀で供された。たっぷり入ってVIP待遇。
 <器が足りひんだけなんてゆうてるのん誰

人参は水だけで直炊きしたそうでさっぱりした甘さ。
丼に残った人参を遠慮なく浚う。おからは誰かがかっさらった
いや遠慮がちにおかわりなさった。
初めて食べたビーフンは程よい塩気があって美味しい。
これも遠慮の固まりをさっさと回収し満足満足♪
エスカベッシュの汁汁ゆうてたら、汁でたぷたぷな丼を
差し出すお茶目な善右衛門さん。
そんなもん家やったらともかく皆の前で飲めるかい、
伝説になるやないの。でも啜らんで惜しいことしたわ。

今回はご飯をシェアする人がいないので、減量をお願いしたら
なんやかわいらしいことをと笑われてんけど。
わたしゃいつもかわいいですよ当然、じゃなくて
垂涎のスイーツも出番を待ってるし。
善右衛門さんのご飯、ほんまにどっしりくるねんもん.

ご馳走と鼻づまり

ぐずぐず。またご褒美に頂いたご馳走食べたら息できんがな。
休暇に備えて体調を万全に整えたいのにこのていたらく。
一週間程(私にしては)少食に抑えてたからか反応早。
もっとstrictやったとき、鮨のサーモンひとつで発疹がでたなあ。
しみじみ。

ちなみにうきうきとした気晴らし午前中の〆にイタリアン。
パスタと薄いピザやらを食したらご馳走さまの頃に腹痛。
あららすまないね内臓よ。謝っておいたけどしばらく続いた。
いきなり刺激が強すぎたんやなあ。
休暇中はおとなしくしとこ。

再び皿洗い

今日もなぜか皿洗い。不思議だ。
ご褒美分くらいは働かなきゃね。ゴム手袋持参で。
洗うのんは平気やねんけど、熱いお湯に弱いお年頃やから。
着いた時にはえらいことに。なんやねんこの山積み状態は。
せっせせっせと片づけ漸く空間がすっきりし出すとはっと我にかえる。
こんなセットしたての可愛い頭でなんと色気の無い。がっくり。

良い音楽といとうれしきこと

手に入れたCDと本日の素敵笑顔を反芻。
なんて幸せなの。笑みがこぼれる。
怪しい人にならないようこっそりと。
これで〜なら、いやいや無い物ねだりやマイナス思考は置いとこう。
いまこんなに嬉しきことでいっぱいなんやもの。

こざっぱり

美容師さんの困りごとを聞きつつ、可愛いオトコにすりすりされながらカット。
シャンプーの間もぶらぶらする爪先に頬擦りする困ったオトコである。
蹴ってしもた。こざっぱりと可愛く仕上がった。美容師さんに感謝。

コーラスのCDとヘアウォータを買い、ご機嫌でいつものカフェに立ち寄り。
素敵男子がにっこり。ここではこちらからすりすりしたいところだが、
こざっぱりしたでしょなんて挨拶に留める。品位は保たねば。
たまには整った髪で好印象を与えたいものやね。
少なくとも顔のでかさは充分印象づけられたに違いない。
久しぶりになかなか気持ち良い午前を過ごしたな。さっ仕事仕事。

天使のパンチ

昨日みかけて買った。パンチて、型抜きやね。
面白いのでぱちぱち抜いたら天使がぽろぽろこぼれた。
どうすんねん、これ。

もしゃもしゃ

もしゃもしゃ頭がどうにも決まらないので切ってきます。
KIMIKO先生にはすごく短くしてきりっとさせたら、
○○みたいで素敵よ♪ていわれてんけど。○○はちょっとやだ(笑)
大好きな先生のおっしゃる通りにしたいのは山々だけど、
短すぎても陽性化に拍車をかけるので程々にしとこう。
まあいつもオーダは「適当に可愛く。長さもお任せ。量へしといて」
美容師の友人はなんと楽なオーダやねんとこぼしていた。
そらアンジェリーナジョリィにしてとか言いたいけどさ。
恥ずかしいやん。

おいなりさん

遠足弁当。おいなりさんに決定。
仕事帰りにすしあげを見繕うと、36円 Or 63円。
ここはやはり高いのんで。「なたね油で手揚げ」に軍配。
手揚げってなんやねん足で揚げるんかと一応つっこみ。

あげさんは油抜きして醤油少しで煮含める。
しゃりは梅酢とごまのあっさり加減で、
とうもろこしとグリンピースを混ぜ込む。
花にした人参を飾りサービス満点。
小松菜の蒸し物と大根ステーキを作ったところで力尽きた。
しかし弁当を詰めるのは得意なので見場良く誂える。
ほほほどうよこの出来栄え。旨そうじゃん。

今日もシンプルに

玄米ごはん。寝坊したので(とほほ)また買ってきた。
いつものMISOSOUPと、金時豆煮を購入。
金時豆は固いのも混ざっててご愛嬌。ちと甘め。
店の前で、「ここの豆は薄味で美味しいのよ~」と
奥様がお褒めになってたから、一般的には甘くないのかも。

だいぶん少なめキャンペーンに慣れてきた。
もう少しがんばろ~

コーラス

DVDを借りた。淡々と予想を裏切ることもなく話が進む。
気に入った。買おう♪
公式サイトのよくわからないキャッチコピィは笑える。
お涙頂戴風にすればあたると思ったのかな。
バシニョールおじさんの演技も脇役もほどほどでええ感じ。
モニエ少年の歌声は素直なボーイソプラノで本当に美しい。
サントラCDも買おう。久しぶりにええもんみた。

ところでペピノ少年がめちゃくちゃ可愛い。
テディベア持たせてぽつんと立たせるなんてあざと過ぎ。
しかも手荷物は手提げ袋だけってどうなん。
そんだけ!?中身はクレヨン?お着替えは持ったのッ?
母の心境でつっこみたくなる小物設定。
ふせた目の睫毛の長さもこれまた可愛い。萌え?

大根チヂミ

大根餅風のチヂミが食べたくなる。
薄くかりっとして醤油がふんわり香るやつ。早速作る。
イメージ通りの出来。玄米ごはんと食す。
摂取量減らそうキャンペーン継続中やからといって、
毎回食べ物のことばかり書くなのは少々よろしくない。
しかしたった2日とはいえ、いやしんぼにしては相当偉いぞ私!

今日も引き続き

摂取量を減らそうキャンペーン継続中。
弁当を作る筈が寝坊して米を炊けず。がっくり。

玄米おにぎりを買いに走ったら、すっごーく美味しそうな
黒米入りパンサンド有。具はれんこんカツときんぴらだって。
くーっ。誘惑を断ち切り、玄米ごはん購入。おにぎりは売り切れ。
補充したMISOSOUPと一緒に食す。地味すぎかな。
普段いかに大量に食してるかよくわかる。
あまりこれでもお腹空かないし。まあほどほどにやろう。

夜も控えめに

お昼に引き続き、あまたの誘惑を振り切り帰宅。
節制メニュは玄米ごはん少しとオートミール粥。
玄米ごはんは半端な量やし、乾物ののりで醤油チャーハン。
それでは足りないので、葉ものを入れたオートミールを作った。
ふーふーしながらお粥をすする。じんわり温もる。

お昼を控えめに

節制週間と題して、玄米むすびだけ買ってくる。
それにしても天下の台所大阪で、
シンプルな玄米むすびを入手する難しさよ。
発芽玄米でもギャバ入りでも怪しげな梅やこぶ入りでもなく。
白飯&いい塩のおむすびはあるのにね。
とまれ、ついでに美味しそうなクレソンと玄米甘酒も購入。
節制の枠を超えてるような。まあええか。

クレソンを洗ってパクリ。苦い!強烈。
見た目は立派で美しくぱりっとしてるけど、
いつも食してるほろにがで柔らかく、春を感じさせるのんとちゃう。
ちとがっかり。デパ地下やしな、火を通すべきやったわ。
気を取り直し玄米をじっくり噛んで食す。苦味が消えた。ほっ
静かにもぐもぐ。デザートに玄米甘酒を少し。こちらは甘ーい。

少量でも良く噛んで、最後に甘味をいれると
やっぱりかなり満足感があるな。明日はおむすび自分で作ろう。
買ってくるの大変やもの(笑)

宅配の野菜に入ってた。うーん今年も来たか。
続くんだよね、これ。昔食べた筍のえぐみが忘れられず、
とある場所で水煮筍パック詰めを見てから一層敬遠。
はっきりいって好きでないのだ。基本的に何でも食べるけど、
あまり好きでないものは結構多いのだ。我侭?

新聞にくるまれてるのもあって、うっかり開け忘れ2日後には
切り口がどろりとしてかびっぽくなる。いやーんやね。
陰性が強いからより腐りやすく、より黴びやすいのね、
なーるほど。成長過程の特徴もやし、勉強になるなあ!
と誤魔化すも消えて無くなる訳でなし、
ひどい扱いに耐えた筍に一応詫び、小林カツ代流に
ばりばり剥いてから茹でる。下拵え完了。簡単。
味を見たらえぐみもなく美味しい。掘りたてだからかな。
沢山は食べられないし、毎週来るのでこれから困るなあ。

カテゴリはおいしいものやけど
おいしいものに?をつけたいところやな。とほほ


長いお散歩

摘んだれんげを手にぶらぶらと。昔はいっぱいあったけど、
近所ではもうそこだけ。誰も摘まず放置。
今日びのこどもは摘まんのやね。皆摘みまくってたのになあ。
ちびっこが3本だけ摘むのを許されとった(笑)
もっと景気良く摘ましたれやお母さん、とこれ見よがしにいっぱい摘む。
触発されたちびっこが遠慮がちにせがんでた。わっはっは。

最近よう散歩してるな。偉い偉い。
自画自賛しながら、初めての小道に入ると満開の八重桜がちらほら。
穴場と思いきや、テニス帰りのおば様が嬌声をあげはじめ、
そこを避けると、なんとなんとシートを広げ炭火焼き肉(がっくり)。
今日はどうしても煙を吸わせる作戦やね。どちらも1組だけだったのが幸い。
野球帰りのおじ様達もおったけど、おとなしくビールをちびちび啜ってた。
おば様達は発泡酒でおじ様達はビールなのも見逃せない。
焼き肉組はポリ容器の焼酎と発泡酒やった。ふーん。
おじ様達はきっと家では発泡酒で、ささやかな贅沢やねんでと推測。

ついでに石の道も歩く。ぼこぼこしていて、サクサク歩くと賞賛を浴びるのさ。
今日はギャラリィはおらず。幼児は平気、大人は普通めちゃくちゃ痛いらしい。
つつじが咲きそう。犬犬犬。疲れて無言になりつつも黙々歩く。
帰り着くと2時間近く歩いたことが判明。
どこ行っててん。いや本屋にも寄ったけど長過ぎ。くたびれた。

はらぺこその弐

今朝もなんとなく食べず。昼前に帰るつもりでいつもの図書館へ。
ウー・ウェン「北京小麦粉料理」。素晴らしく丁寧に手順が解説されてる。
面白かったので借りる。右端はぱらぱらまんがになっていて、
餃子を包むのがリアルタイムで見える仕掛け。おもろい。遊び心ありやね。
このみょーんと麺を延ばすのやってみたいな。

気が付いたら昼をとっくに過ぎ、腹減り過ぎで無言になる。
帰ってりんごジュースを飲んだら旨くて泣きそうになった。

そういえばスーパに、厚揚げ番長、絹あげ番長、がんも番長と
3番長揃い踏みやった。番長対決を開催したかったが、
持ち合わせが少なかったので断念。また今度やな。
代わりにかんぴょうを買ったので玉葱と煮含めることにした。

最近ここは、いつも焼き肉のたれPRで肉を焼いている。とても臭い。
たれには悪いけど、すっごーく臭い。暴力的な煙が漂ってる。
こどもらが群がってるのも悲しい。刺激強すぎ&辛そうやのにね。
連れの大人止めさせとけよな。喉が渇くやろなあ。

すっきり

朝すっきりと目覚めた。少食は大事やな。

はらぺこ

朝ワッフルを食べたので、なんとなく昼を食べず仕事。
早目に切り上げて買い物して帰ろうかと、デパートへ寄る。
うーんはらぺこだけど、頭では食べたくとも、体調が欲しいものはないなあ。
ぐるぐるぐる。欲しいものはみつからない。
何も買わずはらぺこを抱えたまま帰宅。りんごジュースを少し飲む。

所用を済ませると、もうはらぺこを通り過ぎて食欲が失せたので、
オートミール粥を作って食べた。じんわり温かくやわらかい。おいしーい。
ちと我慢してみると毎日自分がどんだけ食べてるかわかるなあ。

皿洗い

久しぶりにお声がかかる。冗談ぽく言ってたけど顔色が悪く疲れた感じ。
たまにはお役に立たなきゃね、と気まぐれに了承。
うーん久々。がんがん洗いまくるぞー!
家で洗い物をするのはあまり好きじゃないけど、
大量の皿を食器洗い機にざっと洗っていれるのは好き。
単純作業やし、システム的にどういれれば早く処理できるなんて
考えながらやれば絶対すぐ終わるし。

邪魔する人もいないので、どんどん片づけペースが早いと褒められる。
>褒められるとはりきる子なんです
昔よくあったけど、きれいにしてるとこに汚いのを平気でいれたり、
こっちのペースをみないでどさっと放り込んだりする人がいるんやね。
幸い今夜は一人なのでそれもなく。ただ、持てへんのがわからんのッて
怒鳴りたくなるくらい盆に載せるのは止めて欲しかったなあ。
皿エレベータ?やからってちっとは頭使えッまったく最近の高校生はとぶつぶつ。

いつもの時間より相当早く皿洗い終了。感激されご褒美まで戴いた。
想定外だったのでびっくり。貰うと今度は行くのが義務になるやん。
まああまり固辞してもと貰っちゃった。えへへ

一番の収穫は皿洗いでも転職できるのが確認できたことかな(笑)

焼きうどん

全粒粉うどんの乾麺を戻して焼きうどん。
たかきび団子のタネをほぐして、軽く炒める。
葱と大根葉入りやから良い香りが漂ってくる。
大根薄切りとうどん、朝の味噌汁の残ったんを入れて蓋。
味噌の香ばしさがでてきたところで、醤油で味を調える。
ちょっととろりとして美味しく出来た。挽肉あんかけ風かな。

ひるね

たっぷりした。体調はやや復活。
ずっと忙しかったのでひるねは久しぶり。ほんまよう寝た。
夜もぐったり〜〜せなと思ってるうちに寝てしまうので、
きちんと寝れてなかったな。反省反省。

ボディスクラブは続いてるけど(肌がつるつるいきいきしてきた)、
体を動かすことは何もしてないな。ちとヨガでもやるか。

弁当は家で

体調不良を誤魔化すために弁当まで作ったけど、結局家で食す。
玄米ごはんとたかきび団子の焼いたんがメイン。
添え物はザワークラウトとあらめのりんごジュース煮、紅しょうが。
干し椎茸と切り干し大根の味噌汁。
タッパに味噌汁もきっちり詰めたのに(しくしく)
ところで弁当に汁物がついてると嬉しい。
水気を切ったおかずばかりだからかな。

家に帰ってもごそごそ動いてしまうので結局休みにならへんな。
おとなしく寝ることにしよう。お休み。

財布を忘れて愉快な

私♪
いつものカフェに寄ろうとしたら無い<食生活改善はどうした?
無いったら無い。小銭入れも財布もバンクカードも
プリペイドカードもクレジットカードもなんも無い。ショック。
これを楽しみに、体調が悪いのを誤魔化して出勤したのに〜
一気にしんどくなる現金な私。
まあもともと相当無理があったので諦めて大人しく帰る。
しばらく顔を見なかったスタッフがちらりと見えたんが唯一の慰め。
かっこ悪いので声をかけずに外のベンチで休憩してから帰ってん。
うう〜くやし〜

キタ散策

どうにも体調が悪いのでウォーキングして帰ることにした。
電車で10分程の数駅を歩く。古い建築物や何かのデモを横目にせっせと歩く。
新地で、気合い万端出勤前のおねえさんや同伴出勤(まだあんねや!)の人々、
キャッチなスーツのお兄さん達も楽しめたけど、期待していたより早かった。
あっさりキタに到着。汗が出る程じゃなかったな。

おった

ほっとした。そんだけ。

テンペと蒸し大豆のサラダ

お手製ではなく買ったのん。塗りの弁当箱に玄米だけ詰めてきた。
おかずを調達しに成城石井へ。これを発見。

材料はコスレタス(縦長のでかいやつね)、てんぺ、ひじき、
大豆(非遺伝子組換とわざわざ但し書き)、大根、人参。
ゴマドレッシング付き。素晴らしい。完璧ベジ仕様やん。
マイナなてんぺをメインにしたサラダ。商品化はなかなかすごい。
他はチキンやサーモン、じゃこやら肉がメインやのにね。
ミヤイフーズ製。和歌山の会社らしい。ベジな人が社内にいるのかも。
蒸し野菜が数種類入ったのんもあった。さつまいも大根人参やったかな。

売ってる惣菜は大体味付けが甘くて食べきれないし、
サラダもあまり好まないけど、心意気がやや嬉しくて買ってみた。

かゆかゆ

ちとお昼に緩みすぎたか集中力に欠けた。
仕事を早目に切り上げてDVD鑑賞するも、うーかゆいっ。
陶器のような肌でつやつやブルネットの女優さんをみて、
ぶつぶつかゆかゆぼさぼさ頭がより気になった。
(なんともかわゆい乙女心じゃのう)

先生直伝必殺第一大根湯+風呂で汗でもかくか。
大量やから飲む時うえーってなるのが難点やね。

良い天気と久しぶりのお弁当

雨のしめっぽさが抜けた感じ。席から見る限りでは。
なぜか懐具合がたいそうさみしくなってきたのと、
顔の警告状況が限界に達してるので(かゆいしこりがいっぱい!)
お弁当を作ってきた。今から食します。
外で食べたいけれど適当な場所が無いねんな。

気合は充分だったが、米を浸しておくのを忘れる。あかんやん。
ミスはかるく流して全粒粉のパスタにした。
リングイーネ状で程好い食感なので最近の気に入り。
水菜と葱を炒めてパスタを加え醤油で香り付け。
おかずは大根の蒸したんとザワークラウト。色がさみしいので紅しょうが。
INSTANT MISO SOUP WITH WAKAME もつけよう。豪華豪華。

豪華といえば、昨日の夕餉は質素を絵に書いたような献立。
熱いリクエストによりとうもろこしとグリーンピースごはん。
温サラダと味噌汁。色彩はカラフルだけどこれだけ、みたいな。
決して懐具合が影響したわけではなく(笑)
あくまでもリクエスト。大変喜ばれたけどね。
じっくり味をだした味噌汁は我ながら上出来やった。
自画自賛。


本日の嬉しきこと3つ挙げよ

なんや3つとも食べ物のことなん?なんやそれ。

樟脳

樟脳の香りがぷんぷんする。途端に相当前無くなった祖々母を思い出す。
明治女でいつも着物やったから?家に行くと常にこの香りがしとった。
自分ではくさなかったんやろか。強烈な香りやのにね。なつかしわ。

敵から隠れる

がばっとうつぶせでひらたくなる。なるほど素晴らしい知恵だ。
彼なりに必死に身を守ろうとしてるのね。床と同化してるんやね。
あんまり面白いので油断してるときに何度も試してやった。わっはっは
乳幼児好きやけどちょっかいだして嫌われる率も高い。
遊んでくれる子もおるけどね。

雨降りと散りゆく桜、雀

散歩がてら所用を済ましに出かけ、行き帰りに桜スポットを通る。
時間が早いし、小雨が降る中散る桜をわざわざ観にくる物好きもおらず。
貸し切り状態で存分に堪能した。重畳重畳。

私の嫌いな公園のギャングをおっぱらいつつ、
花見の供としたナンを少しちぎって思案する。
充分吟味した桜の細い枝に突き刺す。しばらく観察。
ほほほ、ざまみろ、ここにはとまれまい。勝った。
運の強いやつが目敏く寄って来てついばみはじめた。
良かった良かった。ナンをそのまま放置して
散歩のおじいさん達を悩ませてもあかんしね。

焼き玄挽き蕎麦再び

再びといっても何の事は無い、安直気楽なひるめしにしただけ(笑)
少し変えて、豆もやし、レタス、大根葉、あげさんにした。
雨で寒なったしちと具も寒々しいから、蕎麦湯をつけて、ごぼうの味噌煮を作る。
練りごまでこっくり煮たんが良かったけど練りごまが無かった。
豆味噌の強烈さが和らげばいいなと切り方と煮る時間を陰性よりにする。

良かれと思って豆味噌をがんがん使ってた人はまだそうしてるかなあ。
「玄米と豆味噌の味噌汁だったらOKでしょそういうものでしょ違うんですか?」
そう言われても何とも答えようも無く。
自分で気付いてくれたら良いけど。かちこちになっちゃうよね。

焼き玄挽き蕎麦

気力体力魅力向上月間の第一歩として、焼き玄挽き蕎麦を作った。

仕事に(「で」じゃなくて「に」ね(笑)疲れて帰ってくると、あまり何も作りたくない。
食べたいもんわからへん。玄米ごはんもいまいちやし、じゃ何食べんのん?
ここで面倒になってビールを飲んで誤魔化すパターンは避けねばならぬ。
スパゲティな気分でもなし、冷凍庫のうどんの買い置きもからっぽ。
葉野菜を食べねば浮上できんし。食料庫に強い味方がおった。蕎麦♪

蕎麦をゆでる間に葱と水菜をざくざく切る。あげがあったのでそれも同じく。
葱、あげを軽く焼き目がつくくらい炒めたら、水菜を投入し、それから蕎麦。
ふたをして蒸らす。香りが立ったら、醤油をほんの少したらしてまたふた。
ざっくり混ぜてできあがり。紅生姜をてっぺんにのせていただきます。
う〜ん我ながら上出来。ええやんええやん♪あっという間にたいらげた。

漢字で書くとわかるけど焼きそばじゃ違い過ぎるし、
人に薦めるときに適当なわかりやすい名前はないかなあ。

おるおるこんなおばはん

DWJ3冊目。いやあなんとも毒々しい本やった。ある意味面白いけど。
べっとりねっとり悪意をこめた「親切から出た」発言をするおばはん。
おるおるこんな人~♪と気軽に読み進んで行くけど、
しんどくなるのにそうかからず。最後まで読み通すのがつらい。
DWJが実在の大嫌いやった伯母をモデルにし、
彼女が亡くなるまで発表しなかったとはさもありなん。
このおばはんの一族の流れを汲むおばはん、
いっぱい名前をあげられる自分が悲しい(笑)

ダイアン・ウィン・ジョーンズ マライアおばさん

心臓バクバク

衝撃の発言。チョコでどきどきしてんのに止まったらどうすんねん。
これくらいのことで慌てるのは、きちんと暮らせてない証拠やね。
せっせとボディスクラブと食事、精進しよう。

ボディスクラブ

誓った事を忘れないうちに実行。朝せっせとこすってみた。
赤くなるまでこするのね・・・すごーい。
確かにどよんとしてた皮膚がじんじんするわ。
食事も大切だけど、まず改善の第一は気の通りを良くする事。
良くなるような気がするわ~続けば続くとき続けろ?(笑)

熱いお湯で絞った手拭を準備しながらやるととっても寒いんだけど。
皆さんどうしてらっしゃるのかしら。聞いてみたいな。

嬉しいおすそわけ

いつものカフェで、海外旅行土産のチョコを一粒下さった。
スタッフの皆さんに配るつもりで準備されたろうに、
ふとした会話のきっかけで、私にまで下さる気持ちが嬉しくて受け取った。

甘いものはあまり積極的に食べないし、粒チョコも本当に久しぶり。
チョコは甘かったけど、彼女のあたたかい気持ちを感じて美味しかった。
ありがとう。

当然のように心臓がばっくばっくしだしたので、良い復習にもなった。
普段食べないから体験しないものね。
ここでスマートに断れるようになることと、
食べたら倒れるほど敏感な体にしていく事が今後の課題かな(笑)

CAUTION!!

顔だけでなく首後ろにもいつのまにやら警告の大群(きゃー)
そういえば食にきっちり取り組んでたとき
純生ロール(ルーロに非ず)をうっかり(?)食べて
首後ろにでっかい警告がでたっけ。
週末より前に調子に乗って色々食べたな。反省。
ボディスクラブ(乾布摩擦のことね)で改善せねば。

ドリトル先生

ドリトル先生シリーズを友人から貰った。
久しぶりに読んだら面白くて毎日何冊か読んだ。
とびとびで貰ったので、話がずいぶん進んでたり。
こどもに読ませたい本かもしれないけど、疲れた大人が読むのにちょうど良い。
ドリトル先生のシンプルな考え方はほっとする。
すっかり古びて黄色くなったページから、
たぶん小学生の友人がひょっこり顔を覗かせたりしてまた和む。

ここ数日で読んだタイトル
・ドリトル先生の郵便局
・ドリトル先生のサーカス
・ドリトル先生と月からの使い
・ドリトル先生月へゆく
・ドリトル先生月から帰る

善右衛門的カフェその後弐

お昼に力と安定のエネルギィががっつり入った
食事をしたからオナカが空かない。
摂取過多の豆もちも大いに影響していると思われる(笑)
食事をせず寝ることにした。

翌日。朝は食べないのでいつもどおりだが、
昼になってもオナカが空かない。なのに仕事も落ち着いて取り組めた。
スゴイ。どんだけエネルギィ入っててん。気持ちもなんだか安定。

ちなみにこの影響は翌日まで続いた。恐るべし善右衛門パワー。
絶対何か入ってたに違いない。

夕闇のしだれ桜と本豆餅

夕暮れどきマグカップやら食べ物の包みを持って、
桜としだれ桜が咲き乱れる場所へ到着。
ちょうど満開。昼の花見客も去って人はまばら。
場所柄あまり騒がしくできないし、
騒いでBBQなどしたい人達は別のスポットへ行くからね。

しだれ桜の風情は夕暮れ時こそ楽しめる。
幽玄とか日本の美とか考えつつ、豆もち2種をおもむろに取り出す(笑)
マグに注いだ番茶を啜ってから一口、食べ慣れた「ふたば」から。
相変わらず美味しい。でも滑らかな皮がつるつるしすぎ?
皮の香が精製したもち米っぽい。変わらず美味しいねんけど
どうしても昼に食べたんと比べてしまう。手馴れた感じのエネルギィ。
そりゃ店頭で山程必死で作ってはるしね。

続いて本豆餅。うーん、やっぱり皮が美味しい。ふかっとしてる。
皮に包まれた豆もほくっとやさしく崩れる。全体的に柔らかくふわっとした感じ。
餡だけすくって食べても甘!じゃないなあ。
食べ終わってもお茶を必要としない。お湿り程度で充分。

じっくりちょびちょび味わいつつ、夕闇に包まれるまでしだれ桜を眺める。
けぶるように花を咲かせ、古木に相応しい貫禄と佇まいで優美に人を魅了する。
写真は撮らなかったけど、帰国した客人にも見て欲しかったな。
しかし今日は許容量以上スイーツを食べたので当分要らないな(笑)

善右衛門的カフェ本豆餅その後

さて京都で大満足のお昼を食べたらさっさと退散。
観光客をかきわけて、京都三条大橋のスタバで休憩、ではなく
お隣「本家舩はしや」九官鳥「豆ちゃん」に大ウケしてきました。
純粋に張り付いて大喜びする平和な私達。時間を忘れます。

帰りがけ高島屋で出町ふたばの豆もちを入手。
通りかかったらちょうど午後の便が来てん。
おおこれで食べ比べしてやろうと購入、帰宅。

紙(文庫本の書店カバー)にくるんだ本豆餅はほど良い溶け具合。
粉をはたいた塗りの弁当箱に移し、手拭で包みをこさえる。
夕方までに所用を済まし、熱い番茶をサーモスに淹れたら花見に出発。

善右衛門的カフェ再訪その四

虎豆とナッツのパウンドケーキも成敗せねばならない。
店も混んできて入れ替わりで次々お客様がいらっしゃる。
青年が一瞬現れすぐ去った。実にさわやかに男の子らしく挨拶。
ここだけの話ハグはぜひ彼に替わって戴きたい。
ああいう子はいまどきあんまりおらんやろね。
ええ娘にええ息子か。ええ子育てしてきはったんやろね。うちもがんばろ。

パウンドケーキに添えた豆腐クリームは意味がある。教えて下さった。
虎豆の大きいのんがぽくぽくしてて、ナッツがカリッ。うまうま。
感触が楽しくてはんぶんこのラインを超えてしまった。

そうそう盗み聞きした紅茶の淹れ方について。
メリオールでは難しいんだよね。格好は良いけれど、どうしても渋みがでる。
紅茶の葉は拡散のエネルギィを与えると、香りも味も格段に良くなる。
湯の温度を守って丸い大きなポットで対流させ、砂時計で蒸らし時間をきちんととる。
そうするとお待たせしてしまうけど絶対美味しい。
昔凝ったので色々試してみたけど、これが一番楽に美味しくできる。

逆にコーヒーは陽のエネルギィ。エスプレッソをプレスするのはそうなんだろなと推測。
ドロップさせるときも、最初は粉を湿らせゆっくり蒸らし、
細くゆっくり、ど真ん中に湯を注ぎ粉を膨らませる。あくまでもゆっくりとぽとぽと落とす。
最後のドロップは陽の固まりだから苦くなるので入れない。

説明がもっともらしいけど、陰陽をあてはめてちょっと遊んでみただけ(笑)
淹れ方はどちらも本当だけど。

善右衛門的。パウンドケーキ 虎豆とナッツ


善右衛門的カフェ再訪その参

続々と地元のお客さんやら遠方から来たらしい方々が来店。
ひるめしを平らげて、本日のお楽しみ。本豆餅と虎豆とナッツのパウンドケーキ。

前の晩私の為に(強調)いくつか解凍しておいて下さったとの事(じーん)

なのに1個しか頼まず恩に報いない私達(わっはっは)ケーキも食べたいし(えへ)

まず豆もち。わけわけしてて気づいたんだけどすごい弾力。
皮部分がみょーんとへしゃげたあと、むくむくと膨らんでいく。
ぱくりと一口やってその柔らかさに驚く。あの弾力なのにこの柔らかさ。
おかしいやん!どないなってるねん!
やわらかくてふかふかした食感。解凍しただけなのにぬくいような気もする。
うま。噂の餡。マクロビアンには甘いと仰る方もいらっしゃる。
でもおこがましいけど善右衛門さんの気持ちわかるなあ。この甘さ。
誰にでも美味しいと言って貰える絶妙さ加減。
これを控えても多くてもあかんやろね>お前はカイバラユーザンか!
混んできたので旨い旨いと静かにもぐもぐしたけど、ひとつご注文のお客様に、
もっとお求めになったほうがよろしいですよと心中で呟く。

よし、お代わり決定だ!タイミングを見計らって声をかけると、
残念私の為に解凍した(もういいって)豆もちは売り切れ。
用意の良いお客様に先を越された(がっくり)
まあ、お腹は充分満たされてるのに欲張っただけやから、
冷凍のんをふたつ頂いて、紙でくるくる包んで持ち帰る。
これは場所を選んで食べる事に決定。楽しみ~♪

京まくろび本豆餅

善右衛門的カフェ再訪その弐

開店25分前。早!なんせ豆もちに飢えた同行者が急かすねんもん。
しばし仁王門近辺をうろうろして時間を潰す。
開店5分前頃じりじり店までにじり寄ると、自転車から店を窺う女性あり。
む、一番乗りライバルか。するりとよけてさっと入店。やった一番乗り!
にこやかに迎えてくれた善右衛門さん。声が笑ってたのは気のせい?
今回はカウンタへ。おしゃべり臨戦体勢と手元を観察して技術を盗むため!

気さくにおしゃべりしつつさささとひるめしを誂えて下さった。
まず白花豆のエスカベッシュ。
ゆで白花豆と水菜に玉葱。玉葱は薄ーくスライスしてやや辛味を残す。
水菜は自然栽培のもの。ぱりぱりさ加減と強さを生かしてそのままで。
それらをお酢ベースで味付け。このたれ(何と呼べば良いやら)がすごく美味しい。
酢の物の酸っぱさも玉葱の辛味も苦手なんだけど、辛味をまあるく包んで
かすかに酸味。ガラスの器に残ったのを啜ったよ。行儀悪!
良い子は真似しないようにと言うべきだが、ここは敢えて真似して下さい。
ほんとに美味しいんだよ~!!

本日は黒米入り玄米ごはんに野菜だし仕立ての味噌汁。漬物2種。
宮古島のかぼちゃの炊いたん、おから、ひじき、菜のからし和え、人参味噌だれ添え。
またしても光っておりましたよ。今日のお気に入りは味噌汁。
お客が続々入って忙しくなったのに無理矢理おつゆだけくれと
おねだりせずに居られないほどほわっと滋味深い味わい。

カウンタを覗いたら惣菜を盛る手の美しいこと。
忙しくなっても焦らずただキビキビ動く。これができないんだよね。

善右衛門的。弐 白花豆のエスカベッシュ

善右衛門的カフェ再訪その壱

観光シーズン真盛り、桜満開な京都行き。自殺行為やんと思いつつ決行。
昼前から増える観光客の先手を打って早朝から出かける。
まず下鴨神社へ。神事を眺めつつお参りを済ますと、
花嫁御寮が赤い番傘を差してお通りになる。結婚式やね。
幸せのお裾分けを戴いたと勝手に喜ぶ。
社を後にする頃には観光客の団体やら何やら老若男女が続々と。
危ないとこやった。

有名な出町ふたばで行列が4重になってるのを確認。皆さんお疲れ様。
開店時間にはかなり早いのにそそくさと三条へ向かう。
豆もちで釣った同行者が、ふたばの行列を見て早く行こうと焦ったため。
川のたもとでのんびり桜花でも眺めるつもりやったのに~
まさに花より団子。そう今回の標的は本豆餅なのだ!

京まくろび本豆餅

アブダラと空飛ぶ絨毯

読み終えた。
いやいやいやごめんDWJ !!後半は急にテンポ良くなったわ。
しかもそーくるかあ!?って感じで仕掛けが明かされる。おもろいわ、これ。
ホットなオンナソフィと違ってヘタレ(笑)なアブダラ。
何故惚れるの賢いお嬢さん?疑問がまだ残るからもっと読み込まねば。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ アブダラと空飛ぶ絨毯

本読みにとって嬉しいこと

読んでいる本に興味を持たれる事。
面白くてもつまらなくても、それを伝えられる。
いつもは聞かれないから、どこかにしまっておく。

仮に聞かれたとしても相手が実際読むかは気にしない。
ただ興味を持ってくれたことが嬉しいだけ。
でもこれが好意を持っている相手だと、
情報の共有ができ、読んで楽しんでくれるかもという期待もあり
より嬉しく感じるんやね。

幸い今日は面白いよと言えた。
途中経過だけど、前作よりは主人公に感情移入しにくいかな。
テンポは前作が格段に良かった。アブダラのお世辞はGood!

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ アブダラと空飛ぶ絨毯

魔法使いハウルと火の悪魔

図書館にあったので借りてきた。面白い!
映画では宮崎駿テイストが強すぎて(あれはあれで面白かったけど)、
著者ダイアナが薄れてたんやね。映画ではすっきりしなかったこともすっきり。
ソフィが囚われている呪いの正体は何か、ハウルの正体と彼の恐れる物、
その世界での魔法の理あたりかな。世界観がすっごく面白い。

この人の本は読んだ事が無かったのでこれから要チェックやね。
早速アブダラと空飛ぶ絨毯も借りてきた。実は児童文学ラブな俺やし!

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 魔法使いハウルと火の悪魔

その場を楽しむ

所用で出かけた。初めて顔を会わす方ばかり。
昨日飲んだ物の影響もあって若干テンション高。
でも皆かちこちに固まってせっかくの褒め言葉も励ましの言葉も空しく響く。
恥ずかしくて無表情や無反応になるのは自分を表現する術を知らんのかな。
損してるやね。

帰りがけ寄ったところで思わぬ生演奏。ギターと歌。
一生懸命楽しませようと自分の隣まで来てPerformanceするplayerに対して、
無表情を装うのはちとスマートでないね。
あまり上等な演出でないにせよ(ゴメン)
にっこり微笑むくらいのことはできそうなのに。
嫌だったらそっと首をふれば良い。
おひねりを最後に投げる必要も無かったのにね(笑)
だから目が会ったときにっこり笑ってenjoyしてるよと目で伝えたら
向こうもにっこりして声を綺麗に響かせてくれてん。たぶんやけど。

気になったのは。
2人ともスイーツやジュースのとり過ぎちゃうん?な前髪具合(笑)と
微妙なさわやか加減の白シャツとジーンズのスタイル。
お連れの美女達はモデルのようなアジアンビューティだったので、
あえてあのスタイルにしてるかな。わからーん。

欲張った報いその弐

なんの気なしに食べた物があごに赤くぷっくら膨れて教えてくれる。
「食ったやろ?ほらみてみ?ここやでここ。自分これいらんのやで、わかっとん?」
すみません出来心です。もうしません(しくしく)
誓ったそばから何を食ってるんだ状態だったりして。

欲張った報い

昨日調子に乗って人の分まで奪い取って玄米甘酒コーヒーを飲んだらもう。
冷えてしまって今朝はくしゃみばかり。
いくら陽性ばりばりだからと言って欲張ってはいけません、ということやね。反省。

ホスピタリティ

お客人にそれを表したつもりで、好意の押し売りになっとったかな。
喜んでくれたかな。しんどい思いさせてなかったかな。反省しきり。
予想通りがらんとした部屋で(いつからこんなに広くなってん?)
無造作に生けた花をみながらつらつらと考える。なんか急にさみしなったな。
来年も来るよと笑ってくれたからきっと大丈夫やんな。

さて、ハムスターの研究レポートでも読んでくすくす笑いでもするか。
しょんぼりしおらしくするなんて柄でもないし(笑)

お客人帰る

滞在が一日延びて喜んだのも束の間もう次の滞在地へ。
数日一緒にいたらどうにも離れがたく、
都合で見送りもできずハグしてあっさり別れたけど。
今日帰ったらがらんとして寂しいやろな。

感謝の印に大きな花束をくれた。
そんなんせんでもええのに、泣けるやん。くーっ

朝餉

梅酢をつけて玄米を小さめにふんわり結ぶ。
ささがきごぼうを丁寧にじっくり炒めてアクをとばす。
たまねぎは少し軽めに火を通して、こぶだしでお味噌汁にした。
麦味噌をすり鉢でのばしてお鍋へ。
雨の中移動するお客人が少しでも暖かさを保てるように料理する。

そして最後のもてなしとして、御手塩皿に醤油をたっぷり。
おむすびにつけて心ゆくまで味わって貰う(笑)
今日だけだから大目にみてな、お客人の腎臓さん。

お客人とばんごはんその弐

玄米ごはんにスパイラルパスタのくるみねぎソース和え。
ゆでキャベツ。白味噌焼豆腐。切干入りのおから。あらめの味噌汁。

昼にいまいち雑なエネルギィのお店でカレーうどんを食べたから、
ぼーっと纏まりの無い献立になった、ことにしておこう(笑)

お客人は3年寝かせた醤油がたいそう気に入って、
玄米海苔巻きを作ってどっぷり漬けて召し上がる。
その様子にめちゃくちゃうけてしまった。さすがにあとで水飲んでた。
話には聞いてたけど、本当に醤油って人気があるんやなあ。

めぐるましい数日

ぐるぐるぐる。普段しないことを色々。でも嫌な事でないから疲れない。それが嬉しい。

お客人とばんごはん

玄米ごはん、きゃべつと干ししいたけのスープ。
たかきびのそぼろあんかけ。青菜のぴーなつ和え。きゅうりとレタスそのまま。
お客人はたかきびそぼろあんときゅうりをごはんにかけて、
棒棒鶏風にしてぱくぱく。和えたんも気に入って貰えたみたい。ほっ

新しい石のブレス

これも友人のお手製。想いと暖かい力を込めて作ってくれた。
疲れてるのにありがとう。
真摯な友人に比べ、自分の願いって小さいな~と恥ずかしかったり。
いやいやそんな場合じゃなく、励ましにも戒めにもなって貰おう。
しばらくお守りの勤めをよろしく。

りんごつやつや

映画やドラマでみたりんごを服でこすってからおもむろにひとかじり。いい音やった。
真似したけどいまいちつやが足りない。ピーナッツと一緒に食べると美味しいよと薦めてくれる。
確かに!
友人のお手製サンドととっておきの手巻き寿司。楽しい春のピクニックブランチ。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ