0309_めでたくないひおめでとう

重苦しい日続く。
こんなことじゃあかんやろ、ふっきれたらええけどそうもいかん。
久しぶりに阪神に寄ったら、北陸4県の地酒まつり開催中。
バーカウンタが出来てたり、あちこちで試飲できたりで楽しそう。
アテになる食べ物もたくさん。

何か美味しいもの少し買おかな。
思ったとたん、いまから半額ですよと声を掛けられ、笹ずし購入。
それから、どうぞと差し出されたお酒が美味しかったのでそれも。
新潟の宝山
小さな蔵で、杜氏さんが毎日冬はお燗して飲んでるんやって。
楽しそうにぽつぽつ話す杜氏さんになんかほのぼの。

ご馳走広げると、なんとなくめでたい気分。
おめでとーと祝いつつ食すと、一層美味しかった。

新潟の宝山

0301_大根を育てるコツ

大根がようできたからと頂いた。

でっかい!
ずっしりして、太い。こりゃ中身もみっちり詰まってそう。
自転車のカゴにいれたら、重みでよろめいたw

生で食べたら辛味もなく、瑞々しくてとても美味しい。
半分を大根の漬物にしても、たっぷりできた。
かぶにいたっては大きすぎて、小さい包丁の刃渡りでは入らんし!
なんとか半割りにして、家人が千枚漬け風に漬けてみた。
これも大量にできて、美味しかったのでやや奪い合いになった。
葉っぱも余すところなく食べれたし、たいへんにありがたかった。

後日お礼を伝えたら、葉が開ききるほど熟させるのがコツなんやって。
出荷されてるものはそこまで待たれへんから。なるほどね〜。

↓比較にWECKを置いてみた
熟した大根

0102_ごちそう茶碗むし、でも百合根のみ

ぷっくりした百合根をみて、茶碗蒸しが食べたくなる。
正月で卵があったので、作ってみた。

吸い出しぐらいの味にして卵液を漉し、小どんぶりへ。
不精してクリステルの14cmに直入れ。
蒸しあがったら表面にスがたってた(当然)。

青菜と大根ソテーやらキャベツのおつゆを添え、
黒豆出したら、正月とはいえおかず多すぎ。酒もあるし、ごちそうやな。
滅多に作らん茶碗蒸しはやっぱり美味しかった。
百合根だけのが贅沢で好きやなあ。

ごちそう茶碗むし

0212_てながだこ

伊勢丹の地下。見切り品コーナで、タコ200円。
ずいぶん安いなと手に取ったら、なんか違う。
これは何かとたずねたら、手長ダコ
足先を切って、水気多いけど、さっと煮るか炒めてもやらかくて美味しいよ、やて。

面白いので買ってみた。
よく洗って、まな板に置くと確かに長く、イカみたい。
長すぎてどのへんまで切るかわからんかったけど、くるっとなったとこだけ切る。
あと先が丸くなってるところも。お腹壊すらしい。
さっと炒めて食すと、やらかいイカのような、でもほんのりタコの味。
頭もやらかくて美味しかった。

手長ダコ

0210_やきそば

やきそばを作るとき。まず最初に弱中火のフライパンに放り込む。
油は引かない。それから野菜なりなんなりを準備。
時々焼け具合を確認して、綺麗な焦げ目がつき始めたらまめに様子見。
全体がかりっとして焦げ目も均等になったら、一旦皿にあげ、具材を炒める。
最後に戻して混ぜ合わせて完成。今日の具材はもやしでレモン塩。
皿にあげる前に麺に醤油をまぶしたり、塩やきそばなら塩をふったりする。
ソース味ならそこでオイスターソースやねんけど、常備してないからなあ。

変な作り方と言われてそんなもんかと思ってたけど、
佐々木 俊尚 氏の本でも同じ作り方やった。
ほらー変やないやん。。。

そうそう大事なこと。
もやしやきそばのときは、油に先に塩を入れる。
もやしの後やと味がまんべなくまわらなくて、塩いっぱい要るから。

0210_やきそば

0124_たあさい

直売所で売ってて思わず買ったらしい。
見事なたあさい、一抱えある。うつくしい。

昔野菜の宅配できたのんは、よほど美味しかったと見えて裏に虫と卵びっしり。
洗っても洗ってもとれず、泣きたくなった。流石に宅配センタに電話で報告した。
丁寧に詫びる先方に、返金も取り替えもいらんけど、
これらを除去する方法も一緒に教えてくださいなと。

恐る恐るひっくり返したら、幸いほとんどいなかった。
毎日むしって炒めたり、煮たり。肉厚でしゃきしゃき。
少しずつ小さくなるのが、ちょっと惜しいくらいのうつくしさやった。

もちろん美味しかったw

たあさい

しらす

海辺で食す生しらすって美味しいらしいなあ。
いつか食べてみたいなあ。

10月になって食欲はだいぶ戻り、ごはんも入る様になった。
この数ヶ月体重もどんどん景気良く減り、
体脂肪もいつのまにやら16%切り始め、気がつけば13%切った。
13%て小学生か老人か。マヨネーズなめたらええのか。わからん。
それにしても体脂肪はどこへ消えるのだ。
体使う系仕事するとざっくり景気良く減るんよね。人体の神秘なり。

とまれ風邪の残り火も消え食欲の蛍火点いた今、せっせと取り戻さねばならぬ。

で、冒頭に戻る。
生しらすかあ、さっぱりして美味しいねやろなあ。そんなんが食べたいなあ。
ぼんやり考えてたら、「限定生しらす丼」発見。
ちょっと贅沢かなあ。しばし迷うも思いきって頼む。

海辺の新鮮なものとは比べ物にならんやろけど、
それでも美味しゅうございました。
そのうちきっとぴっちぴちの食べに行こう。

生しらす丼


らーめんとおビール

週末最後の仕事終了時間は夜10時。

長かった。
1日がとっても長かった。
6時間座ったあと、そっから4時間の体仕事はしんどいなあ。
昼1時間休めるとはいえ、体仕事は合間に休憩もでけんし。
何より精神的にきつい。

こんなのは序の口で、職場では5時間以上ぶっとおしを皆さんこなす。
すごいよなあ。比べてなんちゅうへたれな自分、情けない。

とまれ無事終わり、猛烈にお腹が空いた。
場所柄、飲み屋さんは週末なこともあり大盛況。
へんな汗かいたのもあり、ビール飲んだらさぞ美味しかろう。
立ち飲みやさんも売る程ある。
でもさすがになあ、ちょっとなあ。何より座って一服したいの。
ほんまに座って茶を一服でも良い。まず無理やけど。

となるとチェーンでない定食やさんを選びたい。
でもない。ビールと白ごはんとあったかい汁物欲しい。
そうなると残りの選択肢はラーメンやさんくらい。

〆のラーメンにはまだ早い時間、
手近の店に飛び込んでともかく座る。
岩のように重い荷物下ろして、ああ、なんて楽ちんなの。
おビール頂いても良いかしら、良いともさ。
冷た過ぎてぐいっとはよう飲まんけど、
それでもめっちゃ美味しく感じた。おっさんやわ、既に。

疲れきり、シンプルそうなラーメンでもちょいきつい。
白ごはんはとても無理。
一気に襲った睡魔とはちきれそうな胃袋をなだめながら、
なんとか家に帰りましたとさ。

素通りできず

帰りに寄ったスーパで、きらりと光るもの。

あじ。

大ぶりやけど、締まってるし目もぴかぴか。
みるからに新しく、造りにしたら美味しそう。


なのになぜ2匹で百何十円なんでしょう。
しかも夜の割引シールつき。一体いくら?
でも料理さぼってるからなあ、できるかなあ。

ちょっと迷ったけど、久しぶりに食べてみたいし。
骨に分厚く残っても良いや、やってみよ。

造りというか、切った「身」状態やけど、なんとかさばけた。
「身」は大変美味しかったです。
そう時間かかるもんでもなし、もっと練習せななあ。

ごはんと味噌汁ランチ

ごはんと味噌汁メインでおかずぽっちり。
そんな店はなかなかないんよね〜。
食べたいのと違う味噌汁なことがほとんど。
まずい訳でもないねんけどなあ。好みと違うだけ。

移動中、どうしても、白いごはんと味噌汁が食べたく入った店。
他にその取り合わせのある店も近辺になかった。
ありつけただけでもラッキー、そんなつもりでいたら。
ことのほか美味しかった。

ごはんは程良くふんわりよそってある。
味噌汁はちゃんと熱くて、嘘くさくない出汁の味に、根菜の具。
メインおかずも綺麗に盛られてる。野菜の小鉢も3つ、洋風おかずやけど。
どれも美味しい。

全体的にぞんざいな感じがせんのがええんよねえ。
混んでない時間帯なのもあるやろけどなあ。また来れたらええなあ。

ごはんと味噌汁ランチ


より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ