気がついたらもう2月終わり

書こう書こうと思うことが積もりに積もり、
あまりすっきりしないことも続いた。
なんだか去年の秋頃から何かが変だった気がする。
本当にどうしようもなく気分なり精神状態なりの上下が続いた。
なんやったんやろうなあ、あれ。

いまだに一昨年からの手帳関係の改善内容も書き出せてない始末。
ジブン手帳ビジネス版登場だとかあれこれ書きたかったのにな。
書いたからといってどうということもないが、
普段アウトプットできる環境にないしねえ。
話す相手がいない、または通じると思える相手がいないのは
時々しんどいものやのね。

年明けてまたいろいろと動き出したようなそうでないよな、
もういい加減現状に嫌気差してきたり。
どうして行動しない人の分まで
私がきりきり舞いせなあかんねやろ?
私そないに前世で悪いことしたんやろか。。。そう被害者ぶってみたり。
でもあの時のアレや経験、調べまくったことがいま超役立ってると感じることもあり、
なるほど腑に落ちたり。

とまれ、現状は変わらないけどそれまでにも嬉しいことも色々あった。
友達が過分とも思える言葉を惜しみなくくれたり、
時間を割いて会いに来てくれたり。ずうううっと会いたかった大事な友達に会えたり。
新しいひとや昔馴染みと縁をつないだり。
直近で「大大吉」を引く神様の大サービスもあって、だいぶ嬉しかった。
それぐらいわかりやすくないとわからんのよねえ〜、私。


なんのかんの言っても結局気楽に日々を過ごしてます。
取り急ぎ近況報告まで。

0319_天満宮へお礼参り

お礼参りに高槻の天満宮へ。
こういうときは神様にお酒を奉納するものと聞いてトライ。
慣れなくて恥ずかしい気もするし、迷惑なんちゃうやろかと思いもする。
けど、ここ数年何度も心配事を打ち明け、
しんどい気持ちのときここの空気や木、猫にずいぶん慰めて貰った。
ありがたかった。
神様にその気持ちを伝えたい。そんなとき、お酒を奉納するんやて。

近所で一升瓶を購入し、のしをつけてもらう。
週末朝一番でお参りして、現れた猫に遊んで貰ってから社務所へ。
神様へお礼に奉納したいと渡すと、あらあらとちょっと驚かれてどこかへ消えた。
迷惑やったかなー、もう帰って良いのかしら。
家人と戸惑っていると、再び現れ、これどうぞと紙袋。

戸惑いつつ恐縮して受け取る。
帰宅してから開けてみると、干支の土鈴とここのお酒と、手製の夏みかん酒。
うわー、ええのんかしら。気を遣わせてしもたなあ。
せっかくなので土鈴は飾り、お酒は特別な時に飲むことにする。
ありがたいなー。

天満宮から土鈴

0227_ふきのとう

別花壇の整理。植え替えるのと、抜いてしまうもの。
1月から合間合間に少しずつ。
なかなか時間がとれず、小物ばかりで大物まで行き着かない。
柑橘類は春までに終えたいけど、無理かもなあ。

ツルニチニチソウの大株を引っこ抜いたら
思わぬもの見つけた。


ふきのとうのつぼみ!


初めて見て信じられず。山に自生するもんじゃないの?
大株の陰でわからず、どっからきたのかも不明。
早速採っててんぷらにすべきたろうけど(笑)、
せっかくなのでそのまま残す。置いといたら花が咲くのかしらん。

不思議やわあ。どっからきたんやろう?
植え替えできるもんなんかなあ〜
それとも実はふきのとうじゃないとか?


だいぶ大きくなってから写真撮った。
小さいときは店で売ってるのとそっくり同じやったけど、
やっぱり違う何かかも(笑)

ふきのとう

のんびりしています

あけましておめでとうございます。
昨日まで例年どおりぎりぎりまでなんやかやと忙しく、
恒例となった二年参りしたら布団に倒れこみ。

年が開けたら何事もなかったかのような静けさ。
朝からゆっくり雑煮を作り食べ、お屠蘇代わりのお酒少々。
合間合間に煮た黒豆はなんとかねっとりつやつや。
今年も釘を調達せんかったから、黒味に欠けるけど。
その代わり家人が作った赤かぶ漬け、綺麗な赤やからええか。
白味噌もちゃんと甘くなってて一安心。

2016雑煮


まんが片手に眠くなったら昼寝。
目が覚めて夕方、DVD借りに出、アメリカクラシックなホームコメディ鑑賞。
そしt本日2回目のご馳走。
貧乏なんです、そう言い張っても信じて貰えないかもな豪華さやわー。
残った食材を詰めて貰った分とご苦労様で頂いた松前。
自分で用意してたのは、味噌漬け豚だけ、
味噌仕込みでできた酒粕床で漬けたの。
普段食べつけないモノばかりで、明日あたり消化不良なりそうw

2016お節

続けてLIFE!。1度見たけどやっぱりしみじみ良い。現代版青い鳥かな。
全体的にスタイリッシュで、画像が美しく、Ben Stillerがなんとも格好良い。
最初は地味で慎ましく冴えない、白昼夢も見ちゃう内向的なおじさん。
話が進むにつれ、ユーモアと静かな自信に満ちた男性が現れるんよね。
仕事ではきちんと責任持って行い、評価されていたこと、
過去、家族のために選択した結果やその過程で手放したこと。徐々にわかる。
本人も忘れてしまったり、周囲の価値観でそれらに対する自信を失って。
行き場の無い気持ちが白昼夢に逃げる選択に向かってたんじゃろうなあ。
うん、すごくようわかる気がする。

原題は、The Secret Life of Walter Mitty.
いろんなシーンに、はっとする小さな仕掛けがある。
まあね、Shirley MacLaineがでとるんじゃもの、当然さね。
とまれ、なんて素敵な青い目なのかしら、ええ表情するわ〜とか、
ラスト近くのジーンズ姿なんてもうセクシーとしか言いよう無い。
ファンにするサブリミナルな何かが仕込んであるのかも。
amazon で1000円か。。。欲しいな。100円で借りたんやけどなー。

ご馳走食して、好きなだけのんびりゆっくり、ありがたい正月が過ごせた。
明日あたりから平常運転、ぼちぼちいきましょう。
今年もよろしくお願いします。

1025_秋の到来物

そろそろ米を買わんとな〜、そこへ宅急便。
第1便はりんごとお米。
毎年米を貰ってるんやけど、今年はようけ貰ったからとお裾分け。
わー嬉しい!初めてやわ!

そして翌日、第2便。
箱にぎっしり詰まったお米になんとマコモ!
月曜に伊勢丹にマコモの小さい株がいくつかで数百円。
美味しそうやな、久しぶりに食べたいなあと思ったところ。
友よりの思いがけない贈り物で、心底驚いた。

1025_秋の到来物1

そして翌週。
普段物のやりとりをしない方から、少しやけど美味しいから食べてと一袋。
その前日には、違う方から渋柿一山。

1025_秋の到来物2

とどめに代表から、早乙女田植えした千早赤阪のお米!

みなの心遣いがつくづくありがたく。
お米貰うと豊かさの象徴というか、ものすごく安心するよね〜。
こんなにあちこちから貰ったのは初めてで、米長者になった気持ち。
以前仕事が見つからなくて、お米が買えないなーとここでぼやいたら
心配した友が、送ってあげようかと言ってくれたことを思い出す。
あんときは心底嬉しかったなあ。数年経ったいまも忘れられへんし。

合間にお裾分けで貰った月桃の実。ころんとした実がとても可愛らしい。
今の仕事に就いてからも、花を買って楽しむお財布の余裕がなく。
もっぱらゲリラ花壇で増やしたアイビーがメイン、それと
こないだのオリーブの剪定枝。そこへ飾るとちょっと立派すぎるかな?

1025_秋の到来物3

1014_思いがけずオリーブ実

近所にオリーブの樹がある。
植えた当初は若くて小さかったけど、数年経ちしっかり大木になった。
いつのまにか実がなるようになった。1本しかないのに。
2本ないと受粉しない筈やのにな?
どこかにもう1本あるのか、まさかうちのミニオリーブやないわな。


とまれ、今年も生ったなあ。
いつもそのまま、しわしわになって落ちておしまい。
もったいないな、実欲しいなー。思った翌朝。
剪定作業でばっさばっさ落とされてる!!
あわわと駆け寄って、気の良さそうなお兄ちゃんに尋ねる。


あのー、実、貰って良いですかモジモジ(。_。*)))モジモジ(。_。*)))


ええ!? 実ィ?そんなんあったっけ?あーこれかーどうぞどうぞー
あ、ここにもようけあるわー、袋入れましょか!

いえいえと自分でやりますから、数枝分、さささっともいだ。
つやつやぷっくりで可愛く、思わずにやにや喜んでたら、更に足してくれた。
良い枝ぶりの枝も数本貰ってほくほく。あー嬉しい!!
あんまり嬉しくてにやけてたから、ちょっと笑われた。そりゃそうだ。

超特急で自宅に戻り、返す刀で自販機コーヒー買って投げ渡し、
枝一本はそのまま会社に下げていく。
電車の中でも、綺麗な枝を眺めてにやにや。
ええ朝の始まりやったわ〜

思いがけずオリーブ実

佳き日善きひとびと

またまた家人の要望で、恒例の茶会へ。
神社の境内で、赤いひもうせんに座ってお茶を頂く。
七五三のおこたちが大勢、のんびり気楽な野点なり。


さて帰ったら出掛ける用意。
ちまちまと準備を重ねた、お祝いの席への出陣用意。

縁薄く、物心ついてからはフォーマルな席へもほぼ出ず終い。
フォーマルスーツやストッキングにも縁が無い。

世の女子の共通なお悩み、一体何を着たら良いのでしょう?
顔もぺろりと洗っておしまい、ではさすがにまずかろう。
しかし紅のひとつもありゃせんのだ。

地味なのか華やかなのか、散々迷って選んだ服。
着てみたら予想通り華やかで素敵やが(誰だ今笑ったやつ)、
おおいに水商売風かもしれん。
顔もぱたぱたはたきまくったら時間切れ、
ここは精々努力したということで勘弁して貰おう。

素敵な夕暮れ、素敵な場所で。
気付いたらここ数年、時間を共に過ごした人たち。

心許して気楽に、自然につきあえる友人は限りなく少ない。
心配りして、きちんと友達付き合いを続けることも怠るのだから当然やけど。
それでも普通に付き合ってくれた、ありがたい友人達。

大事な晴れの日。
ふたり揃って誇らしげな、喜び溢れる顔をみれておばちゃん思わず貰い泣き。
一等席でありがたい友人達と、心ゆくまでしあわせオーラを楽しんだ。
良かったなあ、ほんまに。

ブーケ


朗報来る

さて今朝は。
まず、やさぐれつつ再整理した不要プランタを捨てに行かねば、
しかるがのち、乱れた室内を整える。
遅れに遅れた出すべき返事をしたため、そののち買い出し。
そんなとこかな。

風邪がすっきり抜けてないので、
そこを用心しつつ動かねば。

不要品捨てて、すっきりして戻ったら
紙仕事の結果、諾の旨届く。思わず感謝の小躍り。あーりーがーとー!
ちょっぴりでも、自分を信頼して貰うのはなんとも嬉しいことよ。


ひとつやけどかなりの重荷が除かれ、軽い気持ちで買い物へ。
しかし安いんだか高いんだかどう違うのか。
さっぱりわからん女子アイテムに鼻白んで目眩する。
心はおっさんで過ごすのってやっぱり楽やったわ。。。
とまれ大切な友のためにも、なんしかやり遂げねば。

らぶこーる

遠く離れた友人から心配してるよの電話。
朝から思わず目頭熱くなる。

自分のことばっかりで連絡せずじまい。
誠にすまない。

9月は少しずつましになる筈。
各方面に心配かけまくってるよなあ。

待ち望んだ

雨、雨降らないかと毎日2、3度天気予報確かめる。
朝から晩までびっしり晴れマークみて、その度がっくり。

数日前から今日雨が降るかもな可能性が出始めた。

ただし8月中は雨マークに喜び勇んだら、
当日こっそり曇りマークに変わってたりの連続。
降るやろかどやろか、また曇りやろか。
ちょっとどきどきしつつ雨を待つ。

でも降らなければひからびるので、
最低限の水遣って出社。あかなんだら夜また遣るわ。


降りました。たっぷりと。
ご丁寧に雷まで伴って、ざんざ降り。


やれやれ今日ははよ帰ってゆっくりできそう。


ところがぎっちょん。
駅まであとふたつのところで。

雷鳴った、いや落ちた、電車止まった、信号壊れた、
お待ち下さい、さらに追い打ち、阪急も止まってますから!のアナウンス。

ええーΣ(゚д゚;)

座ってるからゆっくりできるけど、できれば家でしたかった。。。
ええ、いやになるほどゆっくりできましたとも。
とりあえずしばらくは水の心配も無くなったしえっか。

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ